JFL

2011年12月11日 (日)

JFL(最終節)前期第1節(町田ゼルビアvsカマタマーレ讃岐)

町田ゼルビア 2-0 カマタマーレ讃岐

前半10分位にスタジアムに着いたところホームゴール裏、バックスタンドはしっかり埋まっていた。
5位との得失点差が大差で実質的に4位以内が確定しているとは言え、正式に決定させるこの試合への注目度はやはり高い。
ホームでこの試合を迎えられたのは町田ゼルビアを取り巻く人達にとって幸せだったことが伝わってくる1日となった。

1112111

今年初めてJFLを見たので両チームがどういうサッカーをするのか先入観がなかった。
それでもこの試合は順位的には中位のカマタマーレ讃岐の方がボールを持つ時間が長かったように見えたのは意外だった。
町田を押し込む攻撃には気迫を感じる。
さらにサイド攻撃を突破口に攻め込むもなかなかチャンスには繋がらなかった。
町田もカウンターで応酬、勝又の動き出しの鋭さは相変わらずだ。

先制したのは町田。
右サイドから左サイドに大きく展開して相手を揺さぶると、左サイドをえぐった所から上げたクロスにディミッチが精確なボレーシュートを決めた。

町田のスタメンを見ると去年から在籍している選手が多い。
その中で補強したDF田代とディミッチはうまくチームにはまっているようだった。
木島が松本山雅に移籍していった後、セルビア人FWがやってきたのは興味深かったし一度見てみたいと思っていた。
その技術はやはりJFLの中でもさすがのものだった。

1112112

後半早々に讃岐は喜山が退場。
不利になると思われたが、讃岐も攻撃的に攻めあがってくる。
相手の裏をスピードで突き、前カターレ富山の石田が決定機を迎えるも決めきれず。

町田もサイドチェンジがうまく、サイドからクロスを上げるもそこの精度がない。
それでも讃岐が得点を取れず膠着する中、町田は左サイドからチャンスを作り、ゴール前のこぼれ球を誰かが押し込んだ。
途中出場の星大輔だ。
試合後客席から花束をもらっていたが、引退という噂も。。
としたらとてもドラマテッィクなゴールだ。

これで勝負は決した。
アディショナルタイム5分もしのぎきり、町田が2-0で勝利。
試合直後の喜び爆発というのはなかったが、これは前節で実質4位以内が決まっていたからか。
しかし3位でJFLを終えることができた。
周りの町田サポも言っていたけど、体裁として4位より3位で上がる方がいいに違いない。
少なくとも来年の開幕までは松本より上で上がったと大きい顔ができる。
長野の監督も同じようなことを言ってたっけ。。
松本より上位で終われた事を誇りに思うと。

最終戦セレモニーは現在お世話になった人々、そして過去町田ゼルビアというチームを支えてきてくれた人達への感謝に溢れていた。
特に今はいないがゼルビアの歴史を作ってきた人達への感謝の言葉は感動的だった。
過去2年はJ2参入への事前審査すらさせてもらえなかった悔しさを晴らせたことも、今となっては困難を乗り越えたという達成感すら感じさせる言葉もあった。

そして場内1周。
1112113

ポポヴィッチ監督もチャーミングな人だった。
合言葉は「ブラーボ!」
1112114

自分はガイナーレのJ2昇格には立ち会えなかったけど、きっとこんな幸せな風景だったのだろう。

これでJ2は22枠埋まった。
JFLとJ2の入れ替えも来期から現実的となった。
町田ゼルビア、松本山雅、JFLを卒業して1年で再びガイナーレのライバルとなるのは不思議な気分だ。
来年は1年先に昇格したチームとして負けたくない、順位は上でいたい。
そんな強い気持ちを持ってそれぞれのアウェイに乗り込もう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

来期のJ2は21チームか、22チームか?

JFLも終盤戦。
町田ゼルビアとホンダロックの試合を見に行こうかとも思ったが、部屋の片づけを優先してしまった。
今年はまだJFLの試合を観ていない。
行きたい気持ちはあるし現地観戦は楽しいけど、体が動かないし安いチケット代すら節約したくなってしまう。
JFLへの関心も遠くなってしまったものだ・・。
しかし動向は毎節気にしている。

JFL前期第6節の結果、3位町田ゼルビア、5位松本山雅が勝利。
町田と6位の勝ち点差は9、残り3試合ということと、町田の圧倒的な得失点差から考えて、少なくともどちらかのチームが4位以内に入ることは決定的となった。

町田はスタジアムの問題で昨年同様、審査で落とされると思いきや順位要件を満たせばJ2参入が認められる見込みということには若干驚いた。

21チームでは奇数で落ち着かない。
しかし22チームでは恐怖のJFL降格がスタートするはずだ。

2試合を残してブービーの19位が確定してしまったガイナーレにとってもJ2が22チームに埋まる方がどう考えても怖い。
J2目差して必死に戦っているチームには失礼だが(去年までのガイナーレもそうだったから気持ちはよくわかる)、いざJ2に入れば少しでも経験値を積んでおきたいからもうちょっと待ってくれというのが本音になってしまう。
埋まったら埋まったで腹を据えるしかないが。

それでも松田監督のコメントを見てもリーグ終盤戦は結果を求めつつ、チームの基盤作り、内容を重視しているように見える。
今期は順位上では結果がでなかったが、やろうとしているサッカーはブレていないはずだ。
ポゼッションサッカーという軸をしっかりと打ちたて、来期以降順位を向上させていく。
22枠埋まる云々の前に、まずはガイナーレがJ2で生き残るために、ブレないサッカーで結果が出ることを信じるしかない。

11月は念願のJ1との対戦、J1昇格のかかったFC東京戦、意地を見せたい試合であえなく力の差を見せつけられてしまった。
終わったことはしょうがない。
残り2試合はやろうとしているサッカーを思いっきりやってほしい。
勇気を持ってゴールに近づくサッカーを待ち望んでいる。
水戸戦、ホーム最終戦、そんなサッカーを期待して現地で見届けるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

JFL後期第13節(町田ゼルビアvs横河武蔵野)

町田ゼルビア 1-2 横河武蔵野

後半20分から観戦したので試合の推移はよくわからなかったけど、ボールを支配するゼルビア、カウンターで鋭く反撃を狙う横河という展開か。
ゼルビアのいつものダブルボランチ、太田と柳崎がいなかったのには違和感が。

そして最後は横河の執念が実った。

後半アディショナルタイムに入り、中盤から長い距離を走ってきた選手がキーパーの弾いたボールをゴールに流し込み勝ち越した。
その選手はセンターバックの金守だった。
横河の攻めの圧力がゼルビア守備陣のクリアミスを誘ったように見えた。

なかなかいい結果が出せない今期の横河武蔵野。
町田ゼルビア相手に東京第三勢力という言葉を思い出させる、意地を見せてくれた試合だった。
ゼルビアFW木島の個人技で決めた強烈なシュートもすごかったし、わずか25分の観戦でも来た甲斐があったかな。

1010311_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

野津田競技場閉幕

先のガイナーレ戦は、今シーズンの野津田競技場での最後の試合だった。

今年は5回野津田へ行った。
負けていても試合終了までいつ点が入るかわからない、気の抜けないサッカーは面白かった。
山に囲まれた自然環境も気持ちいいし、何といってもスタジアムグルメがいい。
試合ごとにテーマを変えて屋台を呼んでいるから、その都度違うものが食べられるのが楽しみがある。
J2にしろ、J1にしろ、メニューに変化のない所が多いものだ。

2003219

今回のテーマは、鳥を「取」ろう、とのこと。

焼鳥丼や油淋鶏丼を食べたけど十分満足した。(急いでいたので写真は割愛)
よくある対戦相手の土地柄にちなんだものを食べよう的な企画だが、メニューのバリエーションも多い。

最寄り駅から20分近くバスに揺られてやってくるお客さんへの「もてなし」という意味でも、町田ゼルビアのフロントは努力されているのだと思う。
同じような立地にスタジアムがあるSC相模原も、観客を増やすためになんらかの工夫が必要になってくることだろう。

バスにしても無料だし、行きは5分に一度出ているから待ち時間も思ったより少ない。
しかし、帰りのバスは気をつけないといけない。
今回のように7,000人近く入ると、バス待ちの列が半端ないのだ!
ましてやアウェイチームが勝ったりすると、ほとんどのお客さんはすぐにスタジアムを出てしまうはずだ。。

一か八か、公園外の道路に出て流しのタクシーを拾おうとしたが、全く走っていない。
やむなく少し離れたゼルビアのフットサル場でタクシーを呼ぶことになった。
タクシーの運転手曰く、この辺りは利用客がいないので流しはやっていないらしい。

これならシャトルバスを待って乗っても大差なかったかもしれない。
少しでも早く帰ろうと思ったら、あらかじめタクシーを呼んでおくことが必須である!

隣町とは言え、この日のように川崎市の等々力競技場とハシゴしようとしても1時間では着くことが難しい。
アクセスについてはこれ以上しょうがないことだけど。

来年には1万人以上入れるスタジアムに変貌し、見違えるような光景を目にすることだろう。
その時はJ2なのかJFLなのか、シーズン最後までわからない雲行きになってきた。
それでもしつこいまでに攻撃的なサッカーを野津田でまた見てみたい。

1008012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

JFL後期第5節(横河武蔵野vs佐川印刷)

横河武蔵野 1-4 佐川印刷

前半は佐川印刷、後半は横河武蔵野、それぞれが主導権を握った。

佐川印刷は前半早々、中盤からペナルティエリアに飛び出したMF大槻がFW平井につないで先制。

相手の裏を付く鋭いギアチェンジ、長い距離を走って前線に絡む佐川印刷の攻撃は健在。
3回くらいは決定的なチャンスがあった。
全体的に暑さのせいか少し抑え目な気もしたが。
そのうちの1回は先日のガイナーレ戦で2ゴールを決め、鮮烈な印象を残した中島。

一方の横河はいいところなし。
攻撃の組み立てでミスが多かった。

後半は、横河が流れを取り戻すべく積極的に攻撃を仕掛けてくる。
流れがよくなってきた所でドリブルのうまいMF永露を投入し、サイドからの仕掛けでも相手を脅かす。

しかし、コーナーキックから大槻が決め佐川印刷追加点。

その後カウンターが冴え、平井が本日2得点目、0-3となる。

横河が1点を返したのはその2分後、途中投入のFW富岡が左サイドをえぐって折り返しのボールをFW関野が決めた。

もう1点でも返せば試合はわからなくなるところだったが、佐川印刷のカウンターがまたしても決まり、1-4。

横河は1点でも取り返そうという姿勢を見せ相手を押し込み、観客を沸きあがらせたがこのまま終了。

佐川印刷7試合ぶりの勝利は、ゴールショーとなった。
が、それよりも守備が踏ん張れたことがなによりだろう。
キーパーの川本は声を出し続け若い守備陣を鼓舞し続けた。
途中投入のMF大坪も味方が苦しい時間に誰よりも走り、ボールを前へ運んだ。

今年の佐川印刷は新卒の選手が多数スタメンとして出場しているが、経験豊富なベテラン選手も存在感を見せてくれた。

横河も途中投入の永露や富岡が、サイドからドリブルで仕掛けを見せてくれた。
が、得点は遠かった。
前半なにもできず、ビハインドを追うことになったのが痛かったようだ。

横河にしろ、ソニー仙台にしろ、2年連続JFLで好成績を達成するのは簡単ではないのだろう。

1007311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

ブラウブリッツの風景

秋田の風物詩、ババヘラアイス売り。

食べる気はなくても、せっかく秋田に来たのだからと思うと買ってしまった。

1007113_2

ブラウブリッツのエンブレムは、なまはげだ。

フラッグにするとなかなかかっこいい。

1007116

エンブレムのインパクトでは、レノファ山口といい勝負だ。

方向性は全然違うが。。

Photo

これってよく見たらプーさん?

1007112

ハタハタ味が売れ残ってる。

買うのはチャレンジャーか?

1007115

こういうのは国内サッカー好きへのお土産としても喜ばれそう。
Vファーレン長崎にもお菓子があったな。

JFLでも独自色のあるグッズが増えてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

前期終了

明日から後期が始まるが、ここまでの前期をよく観戦したチームを中心に振り返ってみる。

○ガイナーレ鳥取(観戦4試合)

選手補強、監督交代が効を奏し、快進撃を見せた。
新加入選手が期待通りの活躍を見せたのに加え、既存選手の活躍も大きい。
小井手、阿部、実信は去年以上の輝きだ。
そんな選手たちをまとめあげた松田監督の手腕には恐れ入る。
選手を適材適所で生かす、という噂に間違いはなかった。
去年に比べれば守備のリスクを負わない戦い方で、固い守備をベースに接戦をモノにする。
終盤に1敗したものの、スタメンを入れ替えながら、連敗することなく単独首位を守ったことは、後期に向けてもよい流れで戦うことができ、自信を持てるものだろう。
5月中頃から失点が増えはじめ、スタメンにベテランが多いことから夏場に向けて疲労が目立ち、苦しい戦いが増えるかもしれない。
守りを固めてくる相手も増えてくるだろうが、去年までのパスサッカーと、高い位置でボールを奪ったあとの攻守の切り替えの早さで、チャンスをモノにしたい。

○町田ゼルビア(観戦4試合)

シーズン前のバランスのいい補強から、上位につけるのではないかという予感があった。
開幕で引き分けた後、怒涛の7連勝。
木島と勝又のツートップが脅威、中盤の運動量で相手を圧倒し、前期を独走する気配さえ見せた。
相馬監督は「守備より攻撃」、という強い信念を持っているように見受けられた。
しかし初黒星後、途端に負けが込む。
自慢の攻撃も当初の勢いが失われつつあるように見えた。
それでも終盤は連勝を飾り3位をキープ。
後期は、攻撃力を進化させるのか、守りの安定に力を注ぐのか、J参入に向けて気になるところである。

今年の4位争いも、混戦極まりない。
最後まで楽しませてくれそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

JFL前期第10節(ジェフリザーブズvsツエーゲン金沢) ~スタジアム編

秋津サッカー場は初めて来たけど、とても見やすい。
スタンドからタッチラインまである程度距離があるので、ライン際のプレーがよく見えるのも嬉しい。
せっかくいいサッカー場なので、臨海や東総よりもこちらをたくさん使ってほしいものだが。
ただし屋根がないので、日差しから逃げ場がない。

1005095

外から見えてしまうのは仕方ないとして、シュートやクリアをふかしたりすると簡単に外に出てしまう。
外で見ていた人が、そのボールを投げ返してくれるという風景はのどかで楽しい。
サッカーはサッカー場の中だけで完結するものではない。ただその周りを通りかかった人すら試合の運営に関与してしまう。
そんなゆるさを味あわせてくれるシーンだった。

1005096

以前、ジェフリザーブズのホームではスタジアムグルメを見たことがないと言ってしまったが、この日は出ていた。

1005094

メニューは焼きそば、からあげ、フランクフルトなどオーソドックスなもの。
しかし、全品200円と良心価格!500mlペットボトルは150円とイベント会場の上乗せ分がない。
この出店は秋津サッカー場に限るのだろうか。
この商売っ気のなさが、ジェフリザーブズの穏やかなホームゲームにはぴったり合うように思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

JFL前期第10節(ジェフリザーブズvsツエーゲン金沢)

1005091_2

ジェフリザーブズ 1-3 ツエーゲン金沢

久保竜彦が全得点に絡む大活躍!
シュート力と正確さ、ポジショニング、ポストのうまさ、ゴール前では非常に怖い存在だ。
JFLでは余裕を持ってプレーしてるように見えたけど、強引にしかけるというより、周りを生かすプレーが多かったようだ。
献身的に走り回るFW古部とのコンビは今後も期待できそうだ。

怪我で不遇の時期が続いたけど、まだまだ引退なんて言ってほしくないプレーぶりだ。

1005093

ツエーゲンは早めに先制できたからか、カウンター攻撃が目立った。
一方、リザーブズはパスをつないで裏を狙う攻撃が見られた。
在籍年数の長いFW鳥飼が今日も前線で奮闘していた。

しかし攻撃は意欲的なのだけど、守備が足を引っ張ってしまう・・・。
2失点目はクロスの軌道にディフェンダーがいたように見えたけど触れずに、ファーサイドにいた久保がシュートを打てていた。
サイドから攻撃を受けると危うい場面が多い。
また、ディフェンスラインのボール回しが何度かラインを割ってしまったり。。
リザーブズは大量失点試合が多いし、もう少し基本的なところからしっかりしてほしいところだ。

試合終了後、DF込山が周りの選手達に再三抱きついてたのが印象的だったけど、今期初スタメンだったようだ。
ツエーゲンの快勝となったが、久保を観に来た人にとっても大満足の試合だったに違いない。

1005092_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

東京のオアシス

今年初めて武蔵野陸上競技場に行ったけど、やっぱり居心地がいいスタジアムだなぁと思った。

この階段がまず高揚感を沸き立たせてくれる。
三鷹は緑の多い街だけど、新緑が本当に清々しかった。

2005034

町田のJを目指すチームならではの熱気も好きだけど、決して寂しくない適度な観客数でゆっくり見られる環境は心地いい。
鳴り物禁止というのがちょっと寂しくはあるが。

なによりピッチの背景を見てると、芝生の木陰で寝そべりたくなってくる。
J規格の競技場では、スタンド内にこんなに木は植わってないだろう。

2005031

試合に飽きたら本を読むなり、眠りに落ちればいい。

近所にこんな競技場があればいいのにと思う。

芝生席だけ500円位で開放すれば、そんな風に楽しむお客さんも増えるかもしれない。

この日は近所のブラジル料理店、「アウボラーダ」が出店していた。

トマトベースのストロガノフで、心温まる家庭的なやさしい味。
試合前から満足してしまった。

2005033

関東のJFLチームを見ると、ジェフリザーブズや流通経済大学ではスタジアムグルメを目にしたことがない。
同じ入場料を取るなら、地域と連携して「もてなし」の部分も頑張ってほしいものだが。

Jを目指す目指さないは別として、横河武蔵野みたいな、ささやかな賑わいがあり、楽しませてくれるクラブが全国各地に増えてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)