その他サッカー

2011年10月15日 (土)

天皇杯2回戦(ジェフ千葉vsデッツォーラ島根)

中国リーグで並居るライバルを圧倒し優勝を決めたデッツォーラ島根が関東にやってきた。
同じ山陰の県としてサッカー事情も気になるし頑張ってほしい。
わずかなジャイアントキリングの可能性に期待してフクアリへ向かった。

ジェフ千葉 1-0 デッツォーラ島根

どうやら千葉は控えクラスのメンバーを揃えてきた。
そのせいもあるか前半の千葉はあまりにも攻撃の形がつくれなかった。
島根は前線からしっかり守備をするし、パスコースを消すと千葉は考えながらプレーをしているのがよくわかり、攻撃のリズムが生まれない。
ディフェンスラインからも長いボールを蹴ってくるが、ことごとくラインを割ってしまう。

一方島根はサイドからのクロス、セットプレーで決定的なチャンスを作った。
得点には至らなかったが島根の方がボールをつないで攻撃の形が見えたし、千葉の不甲斐なさもあってか安心して見ていられる前半だった。

1110112

後半は千葉のサイド攻撃が活性化した。
1対1の場面で優位に立ちクロスが上がるようになったり、切り返して中に切れ込む動きが前半より随分増えた。
前半の終了間際からその傾向が見えていたが、その流れのままに波状攻撃で島根を圧倒していく。
島根がどこまで我慢できるか、失点も時間の問題か・・。

島根はカウンター攻撃でクロスに飛び込んだ時にFW空山が負傷。
一時的に10人になったが、まさにその時間帯に失点してしまった。
至近距離のシュートを2度跳ね返したが、こぼれ球が千葉の藤本の下に転がり勢いよく打ち込まれた。

千葉は先制すると、攻撃の手をゆるめバランスを取り試合を落ち着かせようとした。
そんな格上の戦いをする千葉相手に島根の反撃も及ばず、1-0のまま試合は終わった。

デッツォーラ島根は中国リーグの戦跡を見ると、攻撃力>守備力というイメージだったが、Jチーム相手に1失点に抑えたように、守備の健闘も光った。
決定的チャンスも作り、得点もあと1歩だった。
前線には隅田や平田といった元Vファーレン長崎の選手もいて、要所にJFL経験があって力のある選手がいる。

さらにボランチの2人がバランスを取り、ボールをよく拾っていたのが印象的。
幸野屋と田平。この2人もそれぞれ長崎、三菱水島に所属した元JFLプレーヤーだ。
たった1度、笠岡で三菱水島の試合を見たことがある。
その試合でも田平はテクニックがあり、存在感を放っていた記憶がある。
この千葉戦でも中盤でボールを受けると相手をいなしてドリブル突破をするなど、うまいなぁと思わせる選手だった。
地元島根出身というのも嬉しい。

先日観戦した関東リーグ2部で苦戦するSC相模原と比べてもやりたいサッカーの形ができあがっているのではないかと思わされた。
サポーターは決して多くないかもしれないが、デッツォーラ島根はJFL昇格も夢じゃない、期待を持たせてくれるチームだ。

1110111

余談だが、千葉のレギュラー選手はほとんどベンチ外だったけれども、ファン・ゲッセルやオーロイが家族を連れて観戦に来てる様子を見かけた。
休日の家族サービスさながらにベビーカーを持ってるファン・ゲッセルが微笑ましかった。
オーロイは一足早く車を運転して帰宅する姿を見かけた。
そしてサポーターに向かって手を振りながら笑顔で去っていく。
あの巨体ながら外車じゃなくて、普通に日本車に乗っているのがなんだか不思議な光景だった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

天皇杯2回戦(川崎フロンターレvsアルテ高崎)

川崎フロンターレ 2-1(延長) アルテ高崎

想像以上のアルテ高崎の大健闘。
JFL下位に沈もうが、J1相手に高いモチベーションで望む一発勝負ではそんなこと関係ない。
そんな天皇杯の醍醐味を感じた試合だった。

前半0-0は十分想定できた。
高崎は守備を固めしっかり網をはる。
そこに川崎のパス回しはひっかかる。
深い位置まで攻め込むが、クロスボールは跳ね返される。
あげくの果てには1対1の球際でも勝ってしまう場面があり驚いてしまった。
川崎の選手にしてみればJFL相手で気持ちが入りにくいのはわかるが、ちょっと情けなかった。

それでも後半ようやく川崎が先制。
素早いリスタートで高崎のスキを突いた得点だった。
ここは川崎が格上らしさを見せた。

これで試合は落ち着き、高崎の選手の集中の糸が切れ大量失点もあるかと思いきや・・。
8分後すぐさま同点に追いついた。
キーパーがはじいたボールを押し込んだ泥くさいゴールだったが、あまりにも大きい1点だった。
高崎のカウンターは試合を通じてそれほど精度は高くなかったけど、数少ないチャンスをものにできた。
これが高崎に勇気を与え、川崎にとっては再び難しい試合となってしまった。

それでも川崎が90分で試合を決着つけるべく決勝点を取るんじゃないかという気がしていた。
しかし80分を越えた頃でも高崎の選手の足は止まらなかった。
むしろ川崎の選手が動けなくなり、高崎はあわや得点のシーンも作った。
高いモチベーションからか90分間自然に体が動いているかのように見えた。

川崎のシュート数は相当なものだったが、なかなか枠に飛ばない。
ペナルティーエリア内のシュートもことごとくシュートブロックしてみせた。
高崎が想像以上の粘りを見せた結果が延長戦。

1110081_3

延長前半は高崎の動きがさすがに落ちた。
何度かピンチをしのいだものの、14分ついに失点。
川崎の中では試合を通じて中盤をよく動き回りボールを運んでいた田坂。
彼にプレッシャーをかけられず中盤をドリブルで独走され、ミドルシュートを放つと綺麗な軌道を描いてゴールに吸い込まれたのがよく見えた。

高崎に反撃する力は残っておらず、あとは川崎が落ち着いた試合運びで締めくくった。

川崎はリーグ戦で長く勝てない時期が続いていたが、その不振を象徴するような試合になってしまった。
細かいパス回しは一手間も二手間も多いように見え、しっかり守備の網をはった高崎の格好の餌食になっているように見えた。
最後は勝てばそれでいい。そんなスタジアムの雰囲気だった。

高崎にとっては自信の付く試合になったんじゃないだろうか。
こういう力があることを見せられるとチームの魅力も高まり、いい選手も入ってきたりするんじゃないだろうか。
それにJFLの残留もまだ決まっていないし。
個人的に残留してほしいとかそんな肩入れは特にないけど、降格したらしたで寂しい気分になる。
ガイナーレも簡単には勝てなかったけど、J参入を決めた相手でもあったし。

久々にアルテ高崎の存在感を感じることができた試合だった。

1110082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

天皇杯第91回岐阜県代表決定戦(長良川球技メドウ)

せっかく岐阜まで来たので、次の日になにかサッカーを見られないかと物色。

ちょうど各地で天皇杯県代表決定戦が行われ、選択肢は岐阜と三重があった。

チーム的には三重の鈴鹿FCランポーレに興味があったし三重県自体行ったことがなかったので惹かれたけど、鈴鹿のスタジアムはアクセスがいいとは言えない。
そこへの往復だけで一日が終わってしまいそうだ。

相変わらず30℃を超える岐阜で日陰もたいして涼しくない、噂どおりの暑い県で観光すらしんどい。
それでも岐阜城観光と、行ったことのない長良川メドウ球技場で見られるという動機付けで岐阜の決定戦を見に行った。
とは言っても後半途中からなので悪しからず。。

岐阜経済大学 0-7 FC岐阜SECOND

到着した時点で0-4になっていて岐阜セカンドの勝利はほぼ決していたようだ。

カウンターで相手の裏を取りながら着実にチャンスを作り、さらに3得点追加、相手ディフェンダーを退場させるほどの破壊力だ。
岐阜経済大学の攻撃も危険なエリアに侵入させることも少なく、力の差は大きかったようだ。
岐阜セカンドは全国大会4年連続出場とのこと。
東海リーグでもまずまずの順位で、岐阜のアマチュア界では敵なしということか。

観客は500人いるかどうかで決して多くない。
でもスタジアムの観客は選手のことをよく知っている人が多いようで、FC岐阜本体のサポーターの間でも楽しみの一つになっているのだろう。

1108287

今日静岡産業大と1回戦を戦うが、東海社会人の意地を見せられるか密かに注目してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

Jリーグ再開幕、最注目の試合

待ちに待ったJリーグ再開幕も関東の天気は相当な荒れ模様。
普段であれば観戦を断念しようという気になる人もいそうだが、そんなことを感じさせない熱気に溢れていた。

1104231

序盤こそベガルタ仙台が相手ボールに2人3人と密集し川崎フロンターレの流れを抑えていた。
仙台はボールを奪った後の鋭いカウンターとセットプレーにかけているようだった。
この雨の状況では川崎の方がパスを回せていて主導権を握っているように見える。
そんな川崎がいい時間に先制点を取れた。

後半も仙台はなかなか攻撃の形が作れず、川崎優勢に見える。
それでも川崎の疲れが感じられてきたころ、仙台太田の放ったシュートはDFに当たったお陰でGKをすり抜けゴールに吸い込まれる!

これが仙台に勇気を与えたに違いない。
この勢いのまま86分のセットプレーのゴールもきれいにゴールに吸い込まれた。
リャンの完璧なキックが鎌田にドンピシャリなのも美しすぎるシナリオ通りだ。
思うような試合運びができなくても、少ないチャンスを生かして逆転勝ちをした。
できることは少なかったかもしれないが、できることに対する研ぎ澄まされた神経は本当に強く感じた。

震災の重い傷を負いながらも、Jリーグ再開幕のために準備を進めてくれたベガルタ仙台には最大限に感謝したい。
試合前に両サポーターが仙台の同じ応援歌を歌い、エール交換をするシーンではスタジアムがとても温かい空気に包まれた。

仙台のサポーターは幸せいっぱいに違いない。
後でアフターゲームショーも見たけど、被災した仙台の人達が狭い横丁に集まって勝利を願って応援する姿が映っていた。
改めて町にサッカーチームがあるというのは幸せなことで、勇気や力を与えてくれるものだと思った。
他のスポーツでもそうだと思うけど(特に影響力の大きそうなプロ野球の楽天)、サッカーも同じ力があることが改めて嬉しかった。

1104232

最後に、、
僕は川崎市民なので、フロンターレが勝負という面で逆転負けを喫したことの悔しさはとてもよくわかる。
日本中が仙台の勝利を祝福する中で、敗者は心の中で泣いている。
もちろん試合を優勢に運びながら、仙台の気迫に屈したフロンターレがふがいなかったからに違いない。
被災地への喜び、勇気という意義もあった試合だが、それを抜きにして勝負の厳しさも強く感じた試合であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

2度目の開幕

Jリーグが見られる!
なんだか3月の開幕を前にした時と同じわくわくした気持ちです。

首都圏は直接の被害が大きくなかったにも関わらず、計画停電や節電で暗くなった街、得体のしれない放射線への不安、度重なる余震等々。
疲れました。

この辺ですらこうなのだから、直接の被災地東北、北関東の方々のご苦労はいたたまれません。

僕らは今の状況に慣れてきて日常の生活に戻りつつあります。
それでもサッカーのない生活はやはり空虚でした。
明日からJリーグが見られるという日常が戻ってくることで、何よりも元気が湧き上がってくるに違いありません!

サッカーが好きな人達であれば、被災地の方々でも同じように元気が湧き上がってくれればうれしい。

明日の川崎フロンターレvsベガルタ仙台、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

福島市にて

仕事でしばらく福島市に行っていました。
夜の町はいつもよりさみしそうで、仕事が終わって食事をしようにも居酒屋かラーメン屋位しか空いていません。
コンビニも早々と閉まるところがある。
私が行っていた頃は駅ビルすらも16時に閉まっていました。。
昼休み駅まで行って、ままどおるもやっとのことで購入。
震災当時よりも物資が届くようになったとは言え、まだまだ通常にはほど遠いようです。
あるレストランではメニュー表の3分2以上が白紙で覆われていて、すきまにトンカツ定食やカレーだとか申し訳程度にしか出せないところも。

街や店には至るところに「がんばろう福島」の文字がありました。
復興に向けてがんばろうとしているのに、一向に終息の気配が見えない原発問題が足かせになる。
改めて放射線は目に見えないものだと実感。不安を感じつつも次第に慣れてくるものです。
でもこんな放射線量が高い状況が続くのは問題があるに違いありません。
経済的にも厳しくなってくる。
とてもいたたまれない気持ちになりますが、それでもできることをやろうと努力をされている福島の人達を見て、きっと復興する時がくるのだと思えました。

微力ですが、東北の経済を動かすためにもJリーグが再開したら赴いて何か買いたい、観光をして賑わいをもたらせたらいい。
こんなふうにサポーターでも義捐金だけでなく、先々もできることがあるに違いありません。

この写真の日は曇でしたが、晴れた日の福島市の背後にそびえる山々は絶景でした。

1104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

トリプルシンジドッグ

ガイナーレとはしばらく縁のなさそうな清水エスパルスの本拠地、アウトソーシングスタジアム日本平。

駅、駐車場からの遠さや渋滞のせいで、正直なところ行くのが面倒。

それでも行ってみると満足度の高いスタジアムだ。
アウェイサポーターもホーム側の売店で買い物ができるのが嬉しい。

名物と言われるもつカレー。
もつがよく煮こまれていて柔らかい。カレーに溶け込んでいた。
カレーライスと別メニューで「カレールー」単品が売っていて混乱した。。
エスパルスサポはご飯を持参するのか?

1008292

1008293

そしてトリプルシンジドッグ。

1008291

そもそもトリプルにした意味がわからなかった。
が、清水に「シンジ」が3人いることは試合開始数分後に気がついた。

持ち上げようとしたらパンが二つに割れていた。
これも意味がわからなかったが、ソーセージを3本も入れたので壊れたのだろう。
これがトリプルシンジの破壊力だ!食べにくいことこの上ない。
肝心のソーセージはチョリソー風で味が締まっていてよかった。

試合はエスパルスが勝利し、花火が数十発上がった。
さすがJ1。アクセスの不便さを補うだけの仕掛け、爽快感がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

東京都代表は高校世代が掴みとる

天皇杯を盛り上げるにはいい結果だったに違いない。

東京ヴェルディの存続意義を訴えるにもいい材料となったことは間違いない。

ただ横河武蔵野の選手のあまりにもうなだれた姿は、JFLを楽しむ者としてはあまり見たくない光景であった。

横河武蔵野 1-2 東京ヴェルディユース

決定的なシュートは少なかったが横河がボールを支配。
サイド攻撃が鋭かった。

守っても鋭い読みでパスカットを連発。
攻撃ではヴェルディユースの持ち味をほとんど出させない。
ユースチャンピオンとは言え、高校生と社会人では力の差が出るのかなとこの時は思っていた。

しかし時間の経過とともに横河の足が止まってきたのか、ヴェルディユースが前を向いて攻撃を仕掛けられるようになり、押し込まれる展開も増えてくる。

横河の先制点は前半終了間際。
FW富岡大吾が前がかりになった相手の裏に抜け出し、カウンターで相手を寄せつけることなく決めた。

横河にとっては安心の先制点だったはずだ。

が、後半が始まるとすぐさま追いつかれる。
MF小林祐希のキレたスルーパスがMF南部建造に通り、キーパーまでかわしてゴールに流し込んだ。

前半以上にヴェルディユースがボールを回せるようになった。やはりパスサッカーはヴェルディの伝統なのだろう。
最終ラインと中盤の間で前を向いてボールが受けられるようになると、そこにたくさんの選手が絡む。
スピードやテクニック、スタミナでは相手に負けないという自信も前半以上に見えてきた。

横河も体力的に苦しい中攻撃を跳ね返し続けた。
カウンター攻撃が増えた分、シュートチャンスも増えた。
富岡に変わって入ったFW岡が効いた。スピード勝負では群を抜いている。

結局後半は1-1のまま終わり、延長突入。

両者気合いの入った円陣を作って試合に臨んだが、ペースはヴェルディユースのままだ。

そしてついにヴェルディユースが勝ち越し点を奪った。
逆サイドでフリーになったMF山浦がうまいトラップでボールを収めると、前に居並ぶディフェンスをものともせずにゴール隅にしっかりと決めた。
衝撃的なゴールだ。

横河は意地の猛攻を仕掛けた。
後半も含めて2点目が入るチャンスはあったのだけど、もう少しのところで決まらない。
ヴェルディユースの最後まで途切れないガムシャラなプレッシャーはかわされることも多かったけど、その勢いで失点だけは許さなかったんじゃないかとすら思えてくる。

延長の後半10分は彼らにとって長かったに違いないが、スコアは2-1のまま変わらなかった。

1008282

社会人アマチュアチームを応援するということは、若い世代に屈する経験をする可能性が多いに違いない。
プロになれなかった、プロを選ばなかった選手達とプロの卵たちとの戦い。
後者が勝つのも理解できるけど、横河にはJFLを戦う大人として意地を見せてほしかった。

横河も今までなかなか越えられなかった大学の壁を準決勝で破ったものの、高校世代の壁の方が高かったとは。。

ヴェルディユースを見て天皇杯にもユース枠や高校世代の枠があってもいいんじゃないかと思ってしまった。
折角なので、FC東京と戦うところまで勝ちあがってほしいものだ。

1008284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

境高校

境 2-0 四日市中央工


Photo_2

パンフレットを見て驚いた。
鳥取県西部の中学校出身者ばかりだ。
そういう状況での高校選手権ベスト16は鳥取県出身者としても誇らしい!

守備に人数をかけて奪ったら相手陣内へ蹴り出す。
セーフティなクリアが最優先。味方につながればもうけもの。
高校サッカーをそんなに見たことはないけど、ここまで割り切ったチームはなかなか見かけない。
こういう防戦一方の戦い方でも2勝できたのは驚き。

境高校を見て「強小」という言葉を思いだした。
個々の選手の能力が高くない分、組織的に戦えるのかもしれない。
これが自分たちの能力を最大限に発揮する方法なのだろう。
米子北と競い合って、鳥取県のサッカーのレベルを上げていってほしい。

正月休み、早めに米子から戻ってきた甲斐があった試合でした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)