ガイナーレ

2012年5月 3日 (木)

【懐かしい勝利の感覚】2012J2第11節(vs栃木SC・A)

栃木SC 0-1 ガイナーレ鳥取

待望のケニー初先発。
しかし前半から厳しいマークを受け、25分には自分から倒れこんでしまう。
立ち上がりはするもののプレーを続けることが無理なのは明らかだった。

今まで途中出場ながら大きなジェスチャーで味方とコミニュケーションを取ろうとしたり、前節はついに初ゴールを決めた。
低迷するチームにあって熱い気持ちを見せてくれたこのエース候補に期待したのだけど・・・
あまりにも無念、痛い負傷退場となってしまった。
誰かケニーの魂を引き継いでくれ。

前半は両チーム得点入らず。

これはやられるというシーンを何度も見たけど、不思議とゴールを決められずにすんだ。
今日はついてるなという確信が時間とともに大きくなる。
後半栃木の守備も緩くなってきて攻めあがる場面も増えてきた。

ガイナーレの得点も遠いけどなんとか勝ち点を取れるかもしれない。
と思いきや試合終了間際の尾崎の劇的ゴールだった。
勝利に結びつく1ゴールの重み、どれだけ久しぶりの感覚だろう。
試合後の選手の笑顔にサポーターも一安心だ。
最下位脱出!

1204301

スコアボードの表示がまぶしすぎる!

120430

幸運が重なったこともあるけど、押し込まれながらも攻めの姿勢が見えたのが良かった。
枠に飛んだシュートもいつもより多かったはずだ。
スタメンやポジションを攻撃的に大きく変えてきて、美尾がボランチになったのは攻撃面では良かったのかもしれない。前を向いたときいい展開をしてくれた。

誰もが感じているはずの危機感を結果という形で表現してくれてまずは一安心。
岡野は次のホームで勝つとゴール裏に向かって力強く宣言。
この試合の結果だけで満足していないことをアピールだ。

依然としてミスから失点に直結しそうなシーンは多いし、選手の技術なんかも栃木とは差を感じる。
このまま順調に結果が出続けるかはわからない。
それでもひとつ結果が出たことで選手達のメンタルの好転、自信を取り戻して上昇のきっかけにしてほしい。

改めてもっと勝利を味わいたいなと思った。
というかホーム鳥取でみんなを喜ばせてくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

J二年目の洗礼

J参入一年目の町田ゼルビアにホーム鳥取でメモリアルなゴール、勝利をプレゼントしたことはテレビで観ていたにも関わらずとてつもない精神的ダメージを受けた。
去年ガイナーレがたどってきた道を思えば、この結果はあり得たことだ。
象徴的な試合で言えばJ初勝利の北九州、アウェイで大勝した草津、二戦二勝の湘南。
そのうちの二試合に立ち会ったけど、こんなにも楽しく嬉しいものかと思ったものだった。

そしてJ二年目、逆にやられる側の悔しさを知った。
去年勝った相手には試合後気の毒だなと少し頭をよぎったものだけど、そんなことは当事者にしかわからない。
自分が応援するチームの弱さを思い知ったのだ。
現時点でガイナーレよりも町田ゼルビアの方が強いということだ。

あれから3日経った今、そんな感傷に浸っていてもしょうがない。
やられたらやり返す。
そんな気概で行くしかない。
去年の北九州にもホームでリベンジされた。
アウェイ町田に乗り込む気概がぐっと強くなったというものだ。
42試合という長丁場だからもっと粘り強くこのチームを応援していこうと思った。

さて、次の京都サンガ戦。
優勝候補と目されるだけあって前節ロアッソ熊本相手に何倍ものシュートを浴びせていた。
これはもう開き直るしかない。
キャンプで培った走力と連携を見せてほしい。開幕戦ではその片鱗を見せてくれたのだから。

失うものはない。
いや、でも単独最下位になったことはなかったな。。
そこはなんとか守りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

ホーム開幕行きたいなぁ

ガイナーレのホーム開幕には行けない。
一方、先週の町田ゼルビアのホーム開幕をちらっと見てきた。

駒沢に着いてスタジアムに入ったのが後半15分位。
その原因はこれですが。。
ハーフタイムから行列して待つこと15分。
食べる価値はあるけど、試合は観たかった。。

120311

なので試合の大勢はよくわからないけど、町田は自分達から仕掛けてくる勢いのあるチーム。
セットプレーの強さ、ディミッチ得意のボレーシュート、サイドの崩し、持ち味を出したがゴールは割れず。
押され気味のアビスパ福岡もよく粘り対人勝負ではそう簡単に負けず堅実さを見せた。

町田は0-1で負けたとは言え、試合後のチームもサポーターも手応えを感じてる様子は伝わってきた。

1203112

町田は自信を持って鳥取に乗り込んでくるだろう。
迎え撃つガイナーレは正に去年のギラヴァンツ北九州と同じシチュエーション。
あの時は勝利を期待してまんまとJ初得点、初勝利をもぎ取り、テレビ越しながらそれはそれは嬉しかったものだ。
今思えば北九州側はたまったもんじゃなかっただろう。

だから勝利を求める気持ちで負けてはいけない。
攻撃的に仕掛けてくる町田からボールを奪い取り、素早くシュートに持ち込みゴールを奪いたいところだ。
勝又の速さ、抜け出しのうまさは相変わらずでガイナーレは苦手そう。
JFL時代の記憶がよみがえる。
苦しめられることも予想されるが1失点位はいい、勝てばいい!

相変わらずの天候不順で観客動員は厳しいかもしれないが、なんとか鳥取の人達に勝利をプレゼントしてほしい。
なんせ去年の10月から勝っていないのだから。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

【今年こそは走りきれ!】2012J2第1節(vsFC岐阜・A)

試合当日になると雨が降り始め、スタジアムは肌寒く感じる。
去年の開幕戦、徳島ととても似たような天候だ。

1203041

でもスタジアムに着けばそんなことは関係ない。
やっと新しいガイナーレが見られる!
あまり前評判が良くないとは言え、ふたをあけてみなければわからないのだ。

早速前半9分にセットプレーから先制した。
一斉にベンチに駆け寄る大喜びの選手達。
向こう側のゴールだったしアナウンスも聞こえなかったので柳楽が決めたとわかったのは、45分後だったが。。
岐阜もうまく試合に入れておらず、あまりの幸先よさに期待以上の試合になるんじゃないかと思わせてくれた。

しかしセットプレーから同点にされ、去年からのセットプレーの弱さを垣間見せられた。
岐阜も自分達のリズムでボールが回せるようになった挙句、前半もあと数分というところでPKを取られて逆転をくらう。

うまくいかないなと苛立ちを感じる反面、次にどちらが点を取るかで試合はわからなくなる展開だ。

同点の瞬間はそれほど遠くなかった。
大事な1点だったから喜びひとしおだ!
美尾のクロスは結果的にオウンゴールとなったが、ボールを奪ってからの切り替えの早さは正にガイナーレが目指す形が出たのだと思う。

後半は長い時間岐阜を押し込むことができたが、得点にはつながらず引き分け。

1203043

しかし、試合終盤に相手を押し込み勝てるかもしれないと思わせてくれたのは久しぶりだ。
なんせ昨年は7連敗でシーズンを終えたわけで、自分にとってはその記憶からリスタートしている。
大量失点を重ねてよけいに疲労感がたまっていくような重い気分だったことを覚えている。
だからこの日の試合展開は勝てる可能性はあったかもしれないが、それほど後味は悪くなかった。

試合が終わるまで相手を運動量で圧倒して攻めることができた。
攻撃の連携プレーも、重点的に練習してきたんだろうということが見える場面もあった。
この2点だけでも、今後期待できる材料だ。

美尾が復調してきたのも嬉しい。
昨年怪我で長期離脱して以来、それまでのキレや期待をさせてくれるようなプレーが影を潜めていた。
今年は万全の状態でスタートできたんじゃないだろうか。
鶴見も体が強くなり運動量も豊富。
怪我をしてきた選手が復調しているのは朗報だ。

ここにコスタリカンコンビが加わり、福井もエースと呼ばれるくらい点が取れるようになれば攻撃は楽しいことになるはずだ。
すぐにはそういかないかもしれない。
でも尻上がりに成長していって、シーズン終盤でも走りきれるようになっていればいい。
試合の終盤までみんなが走り回っている姿を見てそう思えてきた。

守備はどうだろう。
中盤で相手を囲い込んでボールを奪うことは結構できていたように見えたけど、2失点は不安。
もうちょっと様子を見てみよう。

試合が終わり、選手がサポーターへ挨拶に来て帰っていくのと入れ替わるように、吉澤監督がやってきた。
こういう姿勢がサポーターの心をつかんでくれる。
J初挑戦、実績も心もとなくどこか監督を不安視していたが、今日のサッカーで方向性を見せてくれたから安心した。

1203042

次ガイナーレを生で見られるのは随分先になりそう。
しばらくはスカパーでガイナーレが成長していけるか見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC)

ガイナーレ鳥取 2-4 愛媛FC

前半早々に先制。最終戦だけにいつもと違うなと思いきや・・・
ドリブルでシュートに持ち込まれあっさり失点。
さらに愛媛の連携プレーで崩され逆転。
後半自陣でのミスから失点。
4点目はセットプレー。
終盤戦に見られた失点のオンパレードは最後まで止まらなかった。

それでも得点シーンは良かったな。
先制点にしろ2得点にしろいつ以来だろうという位新鮮だった。

社長も言っていたけど、J2に上がったからこそわかったことがたくさんあったはず。
個の力の差、それを組織でカバーすることの難しさ。
そして一年間を通してやりたいサッカーをして勝つことの難しさだ。
終盤戦のガイナーレは疲労困憊、消耗しきっているように見えた。
もどかしいけど一年間戦う体力がなかった、自分としてはそう納得している。

1112031

松田監督の退任の挨拶を聞きたかったけど、スタジアムで語られる場面はなかった。
JFLを優勝させJ2に導いてくれた功労者なのだから、何らかのセレモニーがあるかと思ったが。
でもおそらく松田監督は静かに去っていきたかったんじゃないだろうか。
ご自分から表に出ることを辞退されたのかもしれない。

来年のことは監督が決まり、補強が進みチームのビジョンが見えてから考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

無念、松田岳夫監督

水戸戦のことを書こうとしていたけど、それどころではなくなった。

ガイナーレからのメールを何気なく開いたらあまりにショッキングなニュースだった。
来期も松田監督で戦うものと思っていただけに・・。

ユースや女子サッカーで実績を残し期待されて就任した2010年。
期待以上の勝負強さを見せ、圧倒的な差をつけてJFL優勝に導いた手腕は正に名将の風格だった。

10位以上という強気の目標を掲げて挑んだJ1年目。
松田監督の実績と自信の持ちようからもしかしたら・・と期待した。
相手陣内でこんなにもパスが回せるのかと驚かされた試合もあった。

序盤は健闘していたが、夏場に連敗を重ねるようになった。
秋以降再び連敗を重ね、ただいま6連敗中。

シーズン始め、個人的に頭の中で描いていたのは序盤と終盤が好調であれば、印象がいいだろうということ。
こうなってれば松田監督も引き続きガイナーレの指揮をしていたことだろう。

しかし終盤、尻すぼみしてしまい印象が悪くなったのは否めない。
毎試合先制を許し、追加点を奪われ反撃を見せるも及ばず。
しかも大量失点だ。
毎回同じような試合展開を繰り返し修正することができなかった。

それでもJ1年目はチームの基盤作り。
松田監督は一貫したポゼッションサッカーでチーム、選手の成長を促していこうとしていたと思う。
そして来年、補強で少しでも層を厚くしチームの飛躍を期待していたところでこのニュースだった。
栃木の松田監督みたいに1年目は下から2番目でも長い目でチームをまかせ、順位を上げていく監督もいる。
徳島の美濃部監督もしかり。
我らの松田岳夫監督も長く任せられるだけの信頼があるものと思っていた。
今期限りで退任というのは正直受け入れがたい。

フロントが北九州の大躍進に触発されたんだろうかな。
あれは異例中の異例だと思うが。

あーだこーだ言っても退任が決まった以上しょうがない。

松田さんのサッカーは個々の選手のスキルが高い方が生きるに違いない。
ぜひ上位チームで仕事をしてもらいたいし、見てみたい。

突然来期がどうなるか全くわからない状況になってしまい不安だけど、まずはJ2元年最終戦を松田ガイナーレの集大成として、相手を圧倒するサッカーを見せてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

来期のJ2は21チームか、22チームか?

JFLも終盤戦。
町田ゼルビアとホンダロックの試合を見に行こうかとも思ったが、部屋の片づけを優先してしまった。
今年はまだJFLの試合を観ていない。
行きたい気持ちはあるし現地観戦は楽しいけど、体が動かないし安いチケット代すら節約したくなってしまう。
JFLへの関心も遠くなってしまったものだ・・。
しかし動向は毎節気にしている。

JFL前期第6節の結果、3位町田ゼルビア、5位松本山雅が勝利。
町田と6位の勝ち点差は9、残り3試合ということと、町田の圧倒的な得失点差から考えて、少なくともどちらかのチームが4位以内に入ることは決定的となった。

町田はスタジアムの問題で昨年同様、審査で落とされると思いきや順位要件を満たせばJ2参入が認められる見込みということには若干驚いた。

21チームでは奇数で落ち着かない。
しかし22チームでは恐怖のJFL降格がスタートするはずだ。

2試合を残してブービーの19位が確定してしまったガイナーレにとってもJ2が22チームに埋まる方がどう考えても怖い。
J2目差して必死に戦っているチームには失礼だが(去年までのガイナーレもそうだったから気持ちはよくわかる)、いざJ2に入れば少しでも経験値を積んでおきたいからもうちょっと待ってくれというのが本音になってしまう。
埋まったら埋まったで腹を据えるしかないが。

それでも松田監督のコメントを見てもリーグ終盤戦は結果を求めつつ、チームの基盤作り、内容を重視しているように見える。
今期は順位上では結果がでなかったが、やろうとしているサッカーはブレていないはずだ。
ポゼッションサッカーという軸をしっかりと打ちたて、来期以降順位を向上させていく。
22枠埋まる云々の前に、まずはガイナーレがJ2で生き残るために、ブレないサッカーで結果が出ることを信じるしかない。

11月は念願のJ1との対戦、J1昇格のかかったFC東京戦、意地を見せたい試合であえなく力の差を見せつけられてしまった。
終わったことはしょうがない。
残り2試合はやろうとしているサッカーを思いっきりやってほしい。
勇気を持ってゴールに近づくサッカーを待ち望んでいる。
水戸戦、ホーム最終戦、そんなサッカーを期待して現地で見届けるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

J2第35節(ジェフ千葉vsガイナーレ鳥取)

ジェフ千葉 1-0 ガイナーレ鳥取

どうやったら勝てるのか、そもそもどうやったら点を取れるのか・・。
ガイナーレの苦悩をまざまざと見せられた。
さらには実信がいないことでいつもよりパス回しができていないようだった。
前半0-0で凌ぎ、後半も凌げればジェフの焦りを誘い、付け込む隙もあったかもしれない。
しかし後半頭からの圧力に屈してしまった形だ。
鈴木のハンドPKもクロスに対して数的不利で、チームとしていっぱいいっぱいの状況で生まれたものだったと思う。

栃木戦、千葉戦と連続で昇格争いギリギリの灯火を守ってあげる延命治療ばかりだ。
そして今度はFC東京の昇格決定を目にするのか?
ちょっと前までは対戦相手が不調続きだと勝てたりもしていたけど、そんな相手を上回る力のなさ、弱さを悔しくはあるけど受け止めるしかない。

そんな中で井上のスーパーセーブ連発があった分、少し救われた試合だった。
前期に数試合出てた頃もいい仕事をしていたけど、再び活躍を見せたことで一層の信頼が高まった。
もしかして来期も控えキーパーに甘んじそうなら、他チームからオファーが来るんじゃないだろうかと心配になってしまう位だ。
でもそうなったらそうなったで誇らしいと思える。

1111121

そういえばハメドの様子になんとなく変化を感じた。
モチベーションが下がっているというか。
アップの時から力が抜けているように見えたし、仕掛けていって相手に抑えられても今までより淡々としているような。
現状復帰したばかりの美尾も万全には見えないし、ハメドが絡まないとチャンスが作れない。
スタメン落ちの影響もあるかもしれないが、元気を出してくれハメド!
天皇杯、FC東京戦、奇跡のサプライズを起こすにはハメドの爆発力が必要だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

J2第30節(湘南ベルマーレvsガイナーレ鳥取)

湘南ベルマーレ 0-1 ガイナーレ鳥取

運良く先制できたけど、1-0のまま終わることはないだろうと誰もが思ったはず。

案の定後半、湘南は鋭いシュートを嫌というほど浴びせてきた。
後半は本当に長かった。
でも80分過ぎても1-0のままだったから、今日は勝ち運があるんじゃないかと思い始めた。
そしてその後の大ピンチも奇跡と思えるくらい失点にならなかった。
アディショナルタイム5分もうんざりする位長かったけど、湘南も最後は攻め急いだか凌ぎきることができた。
一度もゴールを割らせることなく、完封勝利!

もういちど試合をしたら同じ結果で勝てるとは思えない。
前半の失点につながりそうなミスも見逃してくれた。
後半は何度かフリーでシュートを打たれ、いつ点を取られてもおかしくなかった。
やっぱり苦手のセットプレーやクロスボールから相手に合わせられピンチも多かった。

そんなふうに後半は特に力の差があるなと思ったけど、この連戦の中、先制したことは大きい。
それで後半は選手も自陣でボールに必死で食らいつき、運も味方に付き有利に立てたことは間違いない。
ここ最近先制している試合も増えていたから、こんな幸運な試合もたまにはあっていい。
とにかく勝ててよかった!
JFL時代からお世話になり続けた湘南はJに上がっても本当にやさしいね。。

6試合ぶりの勝利が12試合ぶりの完封とは意外だった。
そんなに失点しつづけていたとは。。
でも前の岐阜戦の勝利の前は5試合連続無得点だったし、勝つ時には何か節目が必要なのだろう。

無失点に抑えられる守備陣、ハメドを軸に周りの選手がボールに絡めるような攻撃で点が取れるようになれるのが今年の最終形ではないだろうか。
最近活躍している若い三浦、水本、住田の成長もますます楽しみだ。
それを残り10試合期待したい。

1110011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

陰陽ダービーと屋台村の盛り上がり

大体いつもは試合開始1時間前を切ってスタジアムに入るのだけど、自分にとって久しぶりのホームゲーム、一万人を超えるかもしれないという期待感から、開門前にバードスタジアムに着いてみた。

すでに開門の待ち列が200人以上できてたし、場外の屋台村G'sdeliにも人がそこそこいた。

さて、開門し席を確保すると屋台村へ向かう。
さきほど以上に通りは混み合い、人気店には長蛇の列だ。

1109101

そして、とにかく岡山サポーターが多い。
村上水産のステーキ丼目的に並んでみたけど、上下分厚く岡山サポーターに囲まれていた。。
フレンドリーな岡山サポに話しかけられ、「なんでこんなに岡山の人は多いんですか?」と聞いてみると、「岡山には他に娯楽ないしねぇ」と言う。
それはどこの地方でも同じだろうと思ったのだけど、ファジアーノ岡山のサッカー熱をダイレクトに感じた屋台村だった。

さて、村上水産のステーキ丼。
店頭の大きな鉄板で肉を炒めるビジュアルも豪快。
試合前に肉をがっつり食べて元気をつけるにはうってつけだ。
水産会社といことだから、これからは海鮮物も期待したい。

1109102

1109103

これだけ岡山サポーターが来てくれたのだから(推定2,000人前後?)、一万人超えは堅い!
と思いきや、8,000人に満たない7,943人・・。
過去最高のSAGAWA戦に行けず残念な思いをしたので、今回こそ過去最高をこの目で!と思ったのに。
3年前の岡山とのJ参入争いや、ホームで接戦の末負けたことに因縁を感じている人には感慨深いけど、当時は3,000人前後だったし岡山への対抗意識はまだまだなのかもしれない。

でも岡山サポーターが大挙駆けつけてくれたおかげでお互いの声援がぶつかりあい、スタジアムは熱い雰囲気に包まれた。
ガイナーレが先制した瞬間はスタンド大部分が総立ち。
アウェイばかりの自分にとってはやっぱりホームの雰囲気は気持ちいいなぁと素直に思った。
こういう両チームのサポーターが大勢集まるダービーの雰囲気が、Jリーグの楽しみの一つになるに違いない。
ファジアーノ岡山サポーターにはホント感謝です。

これをきっかけに鳥取の人も足を運ぶ人が増えてほしい。
来年こそは一万人だ!

1109104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧