« J二年目の洗礼 | トップページ

2012年5月 3日 (木)

【懐かしい勝利の感覚】2012J2第11節(vs栃木SC・A)

栃木SC 0-1 ガイナーレ鳥取

待望のケニー初先発。
しかし前半から厳しいマークを受け、25分には自分から倒れこんでしまう。
立ち上がりはするもののプレーを続けることが無理なのは明らかだった。

今まで途中出場ながら大きなジェスチャーで味方とコミニュケーションを取ろうとしたり、前節はついに初ゴールを決めた。
低迷するチームにあって熱い気持ちを見せてくれたこのエース候補に期待したのだけど・・・
あまりにも無念、痛い負傷退場となってしまった。
誰かケニーの魂を引き継いでくれ。

前半は両チーム得点入らず。

これはやられるというシーンを何度も見たけど、不思議とゴールを決められずにすんだ。
今日はついてるなという確信が時間とともに大きくなる。
後半栃木の守備も緩くなってきて攻めあがる場面も増えてきた。

ガイナーレの得点も遠いけどなんとか勝ち点を取れるかもしれない。
と思いきや試合終了間際の尾崎の劇的ゴールだった。
勝利に結びつく1ゴールの重み、どれだけ久しぶりの感覚だろう。
試合後の選手の笑顔にサポーターも一安心だ。
最下位脱出!

1204301

スコアボードの表示がまぶしすぎる!

120430

幸運が重なったこともあるけど、押し込まれながらも攻めの姿勢が見えたのが良かった。
枠に飛んだシュートもいつもより多かったはずだ。
スタメンやポジションを攻撃的に大きく変えてきて、美尾がボランチになったのは攻撃面では良かったのかもしれない。前を向いたときいい展開をしてくれた。

誰もが感じているはずの危機感を結果という形で表現してくれてまずは一安心。
岡野は次のホームで勝つとゴール裏に向かって力強く宣言。
この試合の結果だけで満足していないことをアピールだ。

依然としてミスから失点に直結しそうなシーンは多いし、選手の技術なんかも栃木とは差を感じる。
このまま順調に結果が出続けるかはわからない。
それでもひとつ結果が出たことで選手達のメンタルの好転、自信を取り戻して上昇のきっかけにしてほしい。

改めてもっと勝利を味わいたいなと思った。
というかホーム鳥取でみんなを喜ばせてくれ!

|

« J二年目の洗礼 | トップページ

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/45099367

この記事へのトラックバック一覧です: 【懐かしい勝利の感覚】2012J2第11節(vs栃木SC・A) :

« J二年目の洗礼 | トップページ