« 来期のJ2は21チームか、22チームか? | トップページ | J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC) »

2011年12月 2日 (金)

無念、松田岳夫監督

水戸戦のことを書こうとしていたけど、それどころではなくなった。

ガイナーレからのメールを何気なく開いたらあまりにショッキングなニュースだった。
来期も松田監督で戦うものと思っていただけに・・。

ユースや女子サッカーで実績を残し期待されて就任した2010年。
期待以上の勝負強さを見せ、圧倒的な差をつけてJFL優勝に導いた手腕は正に名将の風格だった。

10位以上という強気の目標を掲げて挑んだJ1年目。
松田監督の実績と自信の持ちようからもしかしたら・・と期待した。
相手陣内でこんなにもパスが回せるのかと驚かされた試合もあった。

序盤は健闘していたが、夏場に連敗を重ねるようになった。
秋以降再び連敗を重ね、ただいま6連敗中。

シーズン始め、個人的に頭の中で描いていたのは序盤と終盤が好調であれば、印象がいいだろうということ。
こうなってれば松田監督も引き続きガイナーレの指揮をしていたことだろう。

しかし終盤、尻すぼみしてしまい印象が悪くなったのは否めない。
毎試合先制を許し、追加点を奪われ反撃を見せるも及ばず。
しかも大量失点だ。
毎回同じような試合展開を繰り返し修正することができなかった。

それでもJ1年目はチームの基盤作り。
松田監督は一貫したポゼッションサッカーでチーム、選手の成長を促していこうとしていたと思う。
そして来年、補強で少しでも層を厚くしチームの飛躍を期待していたところでこのニュースだった。
栃木の松田監督みたいに1年目は下から2番目でも長い目でチームをまかせ、順位を上げていく監督もいる。
徳島の美濃部監督もしかり。
我らの松田岳夫監督も長く任せられるだけの信頼があるものと思っていた。
今期限りで退任というのは正直受け入れがたい。

フロントが北九州の大躍進に触発されたんだろうかな。
あれは異例中の異例だと思うが。

あーだこーだ言っても退任が決まった以上しょうがない。

松田さんのサッカーは個々の選手のスキルが高い方が生きるに違いない。
ぜひ上位チームで仕事をしてもらいたいし、見てみたい。

突然来期がどうなるか全くわからない状況になってしまい不安だけど、まずはJ2元年最終戦を松田ガイナーレの集大成として、相手を圧倒するサッカーを見せてほしい。

|

« 来期のJ2は21チームか、22チームか? | トップページ | J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC) »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/43219126

この記事へのトラックバック一覧です: 無念、松田岳夫監督:

« 来期のJ2は21チームか、22チームか? | トップページ | J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC) »