« J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC) | トップページ | 【今年こそは走りきれ!】2012J2第1節(vsFC岐阜・A) »

2011年12月11日 (日)

JFL(最終節)前期第1節(町田ゼルビアvsカマタマーレ讃岐)

町田ゼルビア 2-0 カマタマーレ讃岐

前半10分位にスタジアムに着いたところホームゴール裏、バックスタンドはしっかり埋まっていた。
5位との得失点差が大差で実質的に4位以内が確定しているとは言え、正式に決定させるこの試合への注目度はやはり高い。
ホームでこの試合を迎えられたのは町田ゼルビアを取り巻く人達にとって幸せだったことが伝わってくる1日となった。

1112111

今年初めてJFLを見たので両チームがどういうサッカーをするのか先入観がなかった。
それでもこの試合は順位的には中位のカマタマーレ讃岐の方がボールを持つ時間が長かったように見えたのは意外だった。
町田を押し込む攻撃には気迫を感じる。
さらにサイド攻撃を突破口に攻め込むもなかなかチャンスには繋がらなかった。
町田もカウンターで応酬、勝又の動き出しの鋭さは相変わらずだ。

先制したのは町田。
右サイドから左サイドに大きく展開して相手を揺さぶると、左サイドをえぐった所から上げたクロスにディミッチが精確なボレーシュートを決めた。

町田のスタメンを見ると去年から在籍している選手が多い。
その中で補強したDF田代とディミッチはうまくチームにはまっているようだった。
木島が松本山雅に移籍していった後、セルビア人FWがやってきたのは興味深かったし一度見てみたいと思っていた。
その技術はやはりJFLの中でもさすがのものだった。

1112112

後半早々に讃岐は喜山が退場。
不利になると思われたが、讃岐も攻撃的に攻めあがってくる。
相手の裏をスピードで突き、前カターレ富山の石田が決定機を迎えるも決めきれず。

町田もサイドチェンジがうまく、サイドからクロスを上げるもそこの精度がない。
それでも讃岐が得点を取れず膠着する中、町田は左サイドからチャンスを作り、ゴール前のこぼれ球を誰かが押し込んだ。
途中出場の星大輔だ。
試合後客席から花束をもらっていたが、引退という噂も。。
としたらとてもドラマテッィクなゴールだ。

これで勝負は決した。
アディショナルタイム5分もしのぎきり、町田が2-0で勝利。
試合直後の喜び爆発というのはなかったが、これは前節で実質4位以内が決まっていたからか。
しかし3位でJFLを終えることができた。
周りの町田サポも言っていたけど、体裁として4位より3位で上がる方がいいに違いない。
少なくとも来年の開幕までは松本より上で上がったと大きい顔ができる。
長野の監督も同じようなことを言ってたっけ。。
松本より上位で終われた事を誇りに思うと。

最終戦セレモニーは現在お世話になった人々、そして過去町田ゼルビアというチームを支えてきてくれた人達への感謝に溢れていた。
特に今はいないがゼルビアの歴史を作ってきた人達への感謝の言葉は感動的だった。
過去2年はJ2参入への事前審査すらさせてもらえなかった悔しさを晴らせたことも、今となっては困難を乗り越えたという達成感すら感じさせる言葉もあった。

そして場内1周。
1112113

ポポヴィッチ監督もチャーミングな人だった。
合言葉は「ブラーボ!」
1112114

自分はガイナーレのJ2昇格には立ち会えなかったけど、きっとこんな幸せな風景だったのだろう。

これでJ2は22枠埋まった。
JFLとJ2の入れ替えも来期から現実的となった。
町田ゼルビア、松本山雅、JFLを卒業して1年で再びガイナーレのライバルとなるのは不思議な気分だ。
来年は1年先に昇格したチームとして負けたくない、順位は上でいたい。
そんな強い気持ちを持ってそれぞれのアウェイに乗り込もう!

|

« J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC) | トップページ | 【今年こそは走りきれ!】2012J2第1節(vsFC岐阜・A) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/43340994

この記事へのトラックバック一覧です: JFL(最終節)前期第1節(町田ゼルビアvsカマタマーレ讃岐):

« J2第38節(ガイナーレ鳥取vs愛媛FC) | トップページ | 【今年こそは走りきれ!】2012J2第1節(vsFC岐阜・A) »