« 天皇杯2回戦(川崎フロンターレvsアルテ高崎) | トップページ | J2第35節(ジェフ千葉vsガイナーレ鳥取) »

2011年10月15日 (土)

天皇杯2回戦(ジェフ千葉vsデッツォーラ島根)

中国リーグで並居るライバルを圧倒し優勝を決めたデッツォーラ島根が関東にやってきた。
同じ山陰の県としてサッカー事情も気になるし頑張ってほしい。
わずかなジャイアントキリングの可能性に期待してフクアリへ向かった。

ジェフ千葉 1-0 デッツォーラ島根

どうやら千葉は控えクラスのメンバーを揃えてきた。
そのせいもあるか前半の千葉はあまりにも攻撃の形がつくれなかった。
島根は前線からしっかり守備をするし、パスコースを消すと千葉は考えながらプレーをしているのがよくわかり、攻撃のリズムが生まれない。
ディフェンスラインからも長いボールを蹴ってくるが、ことごとくラインを割ってしまう。

一方島根はサイドからのクロス、セットプレーで決定的なチャンスを作った。
得点には至らなかったが島根の方がボールをつないで攻撃の形が見えたし、千葉の不甲斐なさもあってか安心して見ていられる前半だった。

1110112

後半は千葉のサイド攻撃が活性化した。
1対1の場面で優位に立ちクロスが上がるようになったり、切り返して中に切れ込む動きが前半より随分増えた。
前半の終了間際からその傾向が見えていたが、その流れのままに波状攻撃で島根を圧倒していく。
島根がどこまで我慢できるか、失点も時間の問題か・・。

島根はカウンター攻撃でクロスに飛び込んだ時にFW空山が負傷。
一時的に10人になったが、まさにその時間帯に失点してしまった。
至近距離のシュートを2度跳ね返したが、こぼれ球が千葉の藤本の下に転がり勢いよく打ち込まれた。

千葉は先制すると、攻撃の手をゆるめバランスを取り試合を落ち着かせようとした。
そんな格上の戦いをする千葉相手に島根の反撃も及ばず、1-0のまま試合は終わった。

デッツォーラ島根は中国リーグの戦跡を見ると、攻撃力>守備力というイメージだったが、Jチーム相手に1失点に抑えたように、守備の健闘も光った。
決定的チャンスも作り、得点もあと1歩だった。
前線には隅田や平田といった元Vファーレン長崎の選手もいて、要所にJFL経験があって力のある選手がいる。

さらにボランチの2人がバランスを取り、ボールをよく拾っていたのが印象的。
幸野屋と田平。この2人もそれぞれ長崎、三菱水島に所属した元JFLプレーヤーだ。
たった1度、笠岡で三菱水島の試合を見たことがある。
その試合でも田平はテクニックがあり、存在感を放っていた記憶がある。
この千葉戦でも中盤でボールを受けると相手をいなしてドリブル突破をするなど、うまいなぁと思わせる選手だった。
地元島根出身というのも嬉しい。

先日観戦した関東リーグ2部で苦戦するSC相模原と比べてもやりたいサッカーの形ができあがっているのではないかと思わされた。
サポーターは決して多くないかもしれないが、デッツォーラ島根はJFL昇格も夢じゃない、期待を持たせてくれるチームだ。

1110111

余談だが、千葉のレギュラー選手はほとんどベンチ外だったけれども、ファン・ゲッセルやオーロイが家族を連れて観戦に来てる様子を見かけた。
休日の家族サービスさながらにベビーカーを持ってるファン・ゲッセルが微笑ましかった。
オーロイは一足早く車を運転して帰宅する姿を見かけた。
そしてサポーターに向かって手を振りながら笑顔で去っていく。
あの巨体ながら外車じゃなくて、普通に日本車に乗っているのがなんだか不思議な光景だった。。

|

« 天皇杯2回戦(川崎フロンターレvsアルテ高崎) | トップページ | J2第35節(ジェフ千葉vsガイナーレ鳥取) »

その他サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/42511202

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯2回戦(ジェフ千葉vsデッツォーラ島根) :

« 天皇杯2回戦(川崎フロンターレvsアルテ高崎) | トップページ | J2第35節(ジェフ千葉vsガイナーレ鳥取) »