« J2第3節(栃木SCvsガイナーレ鳥取) | トップページ | FC岐阜の屋台村 »

2011年8月29日 (月)

J2第26節(FC岐阜vsガイナーレ鳥取)

FC岐阜 2-3 ガイナーレ鳥取

遠かった念願の1得点が入ると、これまでとは見違えるようにガイナーレの得点力が開花した!
ハメドのフリーキックは何がなんだかわからにうちにゴールに吸い込まれた偶然のようなゴールだ。
しかしこれが試合を大きく動かした。
6試合ぶりに灯された得点1は心に染み入った。

1108271

前半のうちに2度目のリードを許し前半を2-1で折り返したが、この1得点はチームにもサポーターにも勇気を与えてくれたに違いない。
後半も連敗中と変わらず、追いつくべく懸命に攻撃を仕掛けていった。
そしてついにこれが実り、2点目も3点目も入るべくして入った執念のゴールだった。

2点目のジョンドンホのクロスは、最近あまりクロスがうまくないんじゃないかという印象を払拭するドンピシャな軌道。
実信のヘッドもサポーターに飛び込んでくるかのような勢いを感じるものだった。
3点目も、これまで結果も出せずいい所もあまり見せられなかった住田が、いとも簡単にゴールに流し込んだ。
これぞラッキーボーイだ!

1108273

そして3得点に絡んだハメド。エゴイストとも言われかねない劇薬だが、味方を生かすプレーが得点につながった。
味方とかみ合わないプレーも多く、そろそろスタメンから外れるのもやむを得ないと思わされたりもしたが、結果を出してくれた。
監督の言うとおり継続していくことが大事なのか、今後も期待して見守っていきたい。

試合を通じて岐阜の前線からのプレッシャーが激しかった。
久々に登場した喜多の時折見せる不安定さや服部に入ったボールを奪おうとするなど、前半は岐阜の守備の狙いがはっきりしているように見えた。
岐阜がボールを奪った後の縦に早いカウンターは、ガイナーレにとっては相性が悪そうだった。
手数をかけられる分にはボールを奪えそうだが、シンプルにゴール前にボールを入れてこられると危険な場面が多い気がする。
後半岐阜は一人少なくなりながらも、これは失点するかという頭を抱えたくなる場面を多く作られたが、なんとか3失点目は免れた。

夏場だからか順位相応なのか、どちらのチームもミスが多く、どちらが勝っても引き分けてもおかしくなかったかもしれない。
それでも2度のリードを追いつき、ついには逆転勝利を見せてくれたガイナーレは勝負強く誇らしかった。
この試合もそうだけど、勝つときは不思議と複数得点で派手な試合が多い。
それはそれで楽しいし、ガイナーレも強いじゃないかと思わせてくれる。

でも試合後の選手の表情は思ったよりも引き締まっていた。
内容には満足していないのだろう。

1108272

勝ち点を積み重ねていくには去年みたいに1-0で勝てるような接戦を積み重ねていかないといけないはずだ。
今度はそれが見たい。

まぁなんにしろこの勝利をきっかけに自信を持って攻撃を仕掛けていってほしい!
得点は取れるはずだ。
そして不用意なミスを減らし、前半戦のように無失点試合ができるようになれば、順位も上がってくるはずだ!

|

« J2第3節(栃木SCvsガイナーレ鳥取) | トップページ | FC岐阜の屋台村 »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/41395831

この記事へのトラックバック一覧です: J2第26節(FC岐阜vsガイナーレ鳥取):

« J2第3節(栃木SCvsガイナーレ鳥取) | トップページ | FC岐阜の屋台村 »