« 栃木の夜に起こったこと | トップページ | J2第26節(FC岐阜vsガイナーレ鳥取) »

2011年8月13日 (土)

J2第3節(栃木SCvsガイナーレ鳥取)

栃木SC 1-0 ガイナーレ鳥取

思えば震災がなければ、この試合は3月に開催されるはずだった。
たしかJFLでの最後の対決も、栃木の天皇杯勝ち上がりの関係で当初の日程が変更されて平日夜に開催されたような。
おかげで行くことができなかったのだけれども、あの時は共にJへの昇格争いをしていたわけで、負けの許されないガイナーレが少数精鋭のガイナーレサポが駆けつけ、先制された展開を追いつき引き分けたと聞いた時はホッとしたものだった。

今8月になってみると栃木が昇格争いしている一方、ガイナーレは中位下位をウロウロ。
3月の対戦だったら立ち居地もまた違っただろう。
栃木が2年先にJを経験しているとは言え、色々と感慨深い。

前半から栃木の守備は第一陣、二陣と素早くプレッシャーをかけボールを奪い、カウンターでガイナーレゴールを狙ってきた。
これに対してガイナーレは攻め手がなかった。
さすが昇格争いをするだけの守備力だ。
前半0-0で終わればと思っていたが、栃木の見事な連携からゴールを奪われてしまった。
中盤のくさびのパスからロボが粘ってサイドの水沼に繋ぎ、スピードに乗ったクロスは新加入のサビアがピタリと合わせた。
この一連のスピーディな展開には感嘆するしかなかった。

後半ガイナーレは巻き返してくれた。
セカンドボールを拾い、パス回しもガイナーレのペースで繋げているように見え、後ろから駆け上がってきた奥山が効果的に攻撃に絡んできた。
ハメドが右サイドに下がって起点になっていいクロスを上げるチャンスも出てきた。
阿部のヘディングは入ったものだと思ったが残念。。
点が入ってもおかしくないんじゃないかと思ったが、最後は栃木の粘り勝ちだった。

ただ攻めてる割にはクロスの精度が残念だったり、もう少しチャンスが作れたんじゃないかという部分もあった。

後半盛り返したし、これが3連敗、3試合無得点でなければ、前回の日記で書いたようなことも起こらなかったような気がするのだけど・・・。

1108061

|

« 栃木の夜に起こったこと | トップページ | J2第26節(FC岐阜vsガイナーレ鳥取) »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

最近のガイナーレは攻めるけど決定的なチャンスが訪れませんね。
明日は横浜FCとの対戦です。前回対戦では勝利してるので、今回もぜひ勝ってほしいですね。

投稿: きのぴお | 2011年8月19日 (金) 23時04分

>きのぴおさん
コメントが遅くなり申し訳ありませんでした。
パスは回せるけど守備を固められるとゴールに近づけない、もどかしい試合が続きましたね。
横浜戦も同様に負けてしまいましたが、岐阜戦は意地の逆転勝利を見せてくれました。
これをきっかけに点が取れるようになるんじゃないかと期待しているところです。

投稿: wamin | 2011年8月31日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/41192174

この記事へのトラックバック一覧です: J2第3節(栃木SCvsガイナーレ鳥取):

« 栃木の夜に起こったこと | トップページ | J2第26節(FC岐阜vsガイナーレ鳥取) »