« マッチデープログラムより(徳島ヴォルティスvsガイナーレ鳥取) | トップページ | 2度目の開幕 »

2011年4月20日 (水)

福島市にて

仕事でしばらく福島市に行っていました。
夜の町はいつもよりさみしそうで、仕事が終わって食事をしようにも居酒屋かラーメン屋位しか空いていません。
コンビニも早々と閉まるところがある。
私が行っていた頃は駅ビルすらも16時に閉まっていました。。
昼休み駅まで行って、ままどおるもやっとのことで購入。
震災当時よりも物資が届くようになったとは言え、まだまだ通常にはほど遠いようです。
あるレストランではメニュー表の3分2以上が白紙で覆われていて、すきまにトンカツ定食やカレーだとか申し訳程度にしか出せないところも。

街や店には至るところに「がんばろう福島」の文字がありました。
復興に向けてがんばろうとしているのに、一向に終息の気配が見えない原発問題が足かせになる。
改めて放射線は目に見えないものだと実感。不安を感じつつも次第に慣れてくるものです。
でもこんな放射線量が高い状況が続くのは問題があるに違いありません。
経済的にも厳しくなってくる。
とてもいたたまれない気持ちになりますが、それでもできることをやろうと努力をされている福島の人達を見て、きっと復興する時がくるのだと思えました。

微力ですが、東北の経済を動かすためにもJリーグが再開したら赴いて何か買いたい、観光をして賑わいをもたらせたらいい。
こんなふうにサポーターでも義捐金だけでなく、先々もできることがあるに違いありません。

この写真の日は曇でしたが、晴れた日の福島市の背後にそびえる山々は絶景でした。

1104

|

« マッチデープログラムより(徳島ヴォルティスvsガイナーレ鳥取) | トップページ | 2度目の開幕 »

その他サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/39689714

この記事へのトラックバック一覧です: 福島市にて:

« マッチデープログラムより(徳島ヴォルティスvsガイナーレ鳥取) | トップページ | 2度目の開幕 »