« 2度目の開幕 | トップページ | J初勝利~今日は浮かれよう! »

2011年4月24日 (日)

Jリーグ再開幕、最注目の試合

待ちに待ったJリーグ再開幕も関東の天気は相当な荒れ模様。
普段であれば観戦を断念しようという気になる人もいそうだが、そんなことを感じさせない熱気に溢れていた。

1104231

序盤こそベガルタ仙台が相手ボールに2人3人と密集し川崎フロンターレの流れを抑えていた。
仙台はボールを奪った後の鋭いカウンターとセットプレーにかけているようだった。
この雨の状況では川崎の方がパスを回せていて主導権を握っているように見える。
そんな川崎がいい時間に先制点を取れた。

後半も仙台はなかなか攻撃の形が作れず、川崎優勢に見える。
それでも川崎の疲れが感じられてきたころ、仙台太田の放ったシュートはDFに当たったお陰でGKをすり抜けゴールに吸い込まれる!

これが仙台に勇気を与えたに違いない。
この勢いのまま86分のセットプレーのゴールもきれいにゴールに吸い込まれた。
リャンの完璧なキックが鎌田にドンピシャリなのも美しすぎるシナリオ通りだ。
思うような試合運びができなくても、少ないチャンスを生かして逆転勝ちをした。
できることは少なかったかもしれないが、できることに対する研ぎ澄まされた神経は本当に強く感じた。

震災の重い傷を負いながらも、Jリーグ再開幕のために準備を進めてくれたベガルタ仙台には最大限に感謝したい。
試合前に両サポーターが仙台の同じ応援歌を歌い、エール交換をするシーンではスタジアムがとても温かい空気に包まれた。

仙台のサポーターは幸せいっぱいに違いない。
後でアフターゲームショーも見たけど、被災した仙台の人達が狭い横丁に集まって勝利を願って応援する姿が映っていた。
改めて町にサッカーチームがあるというのは幸せなことで、勇気や力を与えてくれるものだと思った。
他のスポーツでもそうだと思うけど(特に影響力の大きそうなプロ野球の楽天)、サッカーも同じ力があることが改めて嬉しかった。

1104232

最後に、、
僕は川崎市民なので、フロンターレが勝負という面で逆転負けを喫したことの悔しさはとてもよくわかる。
日本中が仙台の勝利を祝福する中で、敗者は心の中で泣いている。
もちろん試合を優勢に運びながら、仙台の気迫に屈したフロンターレがふがいなかったからに違いない。
被災地への喜び、勇気という意義もあった試合だが、それを抜きにして勝負の厳しさも強く感じた試合であった。

|

« 2度目の開幕 | トップページ | J初勝利~今日は浮かれよう! »

その他サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/39730890

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ再開幕、最注目の試合:

« 2度目の開幕 | トップページ | J初勝利~今日は浮かれよう! »