« ご祝儀特集 | トップページ | J開幕!J2第1節(徳島ヴォルティスvsガイナーレ鳥取) »

2010年12月15日 (水)

ガイナーレ初代エースストライカー引退

釜田佳吾がガイナーレとの契約満了とともに、引退することになった。

最終節で先発出場し、出場機会が多かった頃を彷彿とさせるようにたび重なる決定機を外し。。
それでも後半、みんなの期待に応えるように1点を決めてくれた。

ガイナーレを振り返るときに、2007年のことはほとんど触れられない。
ガイナーレ元年でありながら、暗黒時代のような扱いだ。

この年のストライカーは?と聞かれると、まず釜田が思い浮かぶ。
鳥取県出身者として活躍が期待されていた。
途中加入の秋田は別として、チーム得点王の7得点。

記憶に残っているのは、シーズン終盤のジェフリザーブズ戦で先発出場しながら、何度か訪れた決定機を決めきれず負けた試合があった。
来年こそは練習しまくって、エースになってほしいなと期待したことが思い出される。

年々フォワードの競争が激しくなり出番は減ったけど、出たときはキレのある動きを見せてくれた。
短い現役生活だったけど、ガイナーレの一時代を担った選手として記憶に残るだろう。
細長い顔立ちからして、街で見かけたらすぐに思い出しそうだ。
何らかの形でサッカーに携わってくれると嬉しいのだけども。

|

« ご祝儀特集 | トップページ | J開幕!J2第1節(徳島ヴォルティスvsガイナーレ鳥取) »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/38092818

この記事へのトラックバック一覧です: ガイナーレ初代エースストライカー引退:

« ご祝儀特集 | トップページ | J開幕!J2第1節(徳島ヴォルティスvsガイナーレ鳥取) »