« 優勝は思った以上にいいものだ | トップページ | JFL後期第14節(Mioびわこ草津vsガイナーレ鳥取) »

2010年11月 4日 (木)

JFL後期第13節(町田ゼルビアvs横河武蔵野)

町田ゼルビア 1-2 横河武蔵野

後半20分から観戦したので試合の推移はよくわからなかったけど、ボールを支配するゼルビア、カウンターで鋭く反撃を狙う横河という展開か。
ゼルビアのいつものダブルボランチ、太田と柳崎がいなかったのには違和感が。

そして最後は横河の執念が実った。

後半アディショナルタイムに入り、中盤から長い距離を走ってきた選手がキーパーの弾いたボールをゴールに流し込み勝ち越した。
その選手はセンターバックの金守だった。
横河の攻めの圧力がゼルビア守備陣のクリアミスを誘ったように見えた。

なかなかいい結果が出せない今期の横河武蔵野。
町田ゼルビア相手に東京第三勢力という言葉を思い出させる、意地を見せてくれた試合だった。
ゼルビアFW木島の個人技で決めた強烈なシュートもすごかったし、わずか25分の観戦でも来た甲斐があったかな。

1010311_3

|

« 優勝は思った以上にいいものだ | トップページ | JFL後期第14節(Mioびわこ草津vsガイナーレ鳥取) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/37506686

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第13節(町田ゼルビアvs横河武蔵野):

« 優勝は思った以上にいいものだ | トップページ | JFL後期第14節(Mioびわこ草津vsガイナーレ鳥取) »