« JFL後期第5節(町田ゼルビアvsガイナーレ鳥取) | トップページ | JFL後期第6節(ガイナーレ鳥取vsソニー仙台) »

2010年8月 5日 (木)

野津田競技場閉幕

先のガイナーレ戦は、今シーズンの野津田競技場での最後の試合だった。

今年は5回野津田へ行った。
負けていても試合終了までいつ点が入るかわからない、気の抜けないサッカーは面白かった。
山に囲まれた自然環境も気持ちいいし、何といってもスタジアムグルメがいい。
試合ごとにテーマを変えて屋台を呼んでいるから、その都度違うものが食べられるのが楽しみがある。
J2にしろ、J1にしろ、メニューに変化のない所が多いものだ。

2003219

今回のテーマは、鳥を「取」ろう、とのこと。

焼鳥丼や油淋鶏丼を食べたけど十分満足した。(急いでいたので写真は割愛)
よくある対戦相手の土地柄にちなんだものを食べよう的な企画だが、メニューのバリエーションも多い。

最寄り駅から20分近くバスに揺られてやってくるお客さんへの「もてなし」という意味でも、町田ゼルビアのフロントは努力されているのだと思う。
同じような立地にスタジアムがあるSC相模原も、観客を増やすためになんらかの工夫が必要になってくることだろう。

バスにしても無料だし、行きは5分に一度出ているから待ち時間も思ったより少ない。
しかし、帰りのバスは気をつけないといけない。
今回のように7,000人近く入ると、バス待ちの列が半端ないのだ!
ましてやアウェイチームが勝ったりすると、ほとんどのお客さんはすぐにスタジアムを出てしまうはずだ。。

一か八か、公園外の道路に出て流しのタクシーを拾おうとしたが、全く走っていない。
やむなく少し離れたゼルビアのフットサル場でタクシーを呼ぶことになった。
タクシーの運転手曰く、この辺りは利用客がいないので流しはやっていないらしい。

これならシャトルバスを待って乗っても大差なかったかもしれない。
少しでも早く帰ろうと思ったら、あらかじめタクシーを呼んでおくことが必須である!

隣町とは言え、この日のように川崎市の等々力競技場とハシゴしようとしても1時間では着くことが難しい。
アクセスについてはこれ以上しょうがないことだけど。

来年には1万人以上入れるスタジアムに変貌し、見違えるような光景を目にすることだろう。
その時はJ2なのかJFLなのか、シーズン最後までわからない雲行きになってきた。
それでもしつこいまでに攻撃的なサッカーを野津田でまた見てみたい。

1008012

|

« JFL後期第5節(町田ゼルビアvsガイナーレ鳥取) | トップページ | JFL後期第6節(ガイナーレ鳥取vsソニー仙台) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/36030083

この記事へのトラックバック一覧です: 野津田競技場閉幕:

« JFL後期第5節(町田ゼルビアvsガイナーレ鳥取) | トップページ | JFL後期第6節(ガイナーレ鳥取vsソニー仙台) »