« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

東京都代表は高校世代が掴みとる

天皇杯を盛り上げるにはいい結果だったに違いない。

東京ヴェルディの存続意義を訴えるにもいい材料となったことは間違いない。

ただ横河武蔵野の選手のあまりにもうなだれた姿は、JFLを楽しむ者としてはあまり見たくない光景であった。

横河武蔵野 1-2 東京ヴェルディユース

決定的なシュートは少なかったが横河がボールを支配。
サイド攻撃が鋭かった。

守っても鋭い読みでパスカットを連発。
攻撃ではヴェルディユースの持ち味をほとんど出させない。
ユースチャンピオンとは言え、高校生と社会人では力の差が出るのかなとこの時は思っていた。

しかし時間の経過とともに横河の足が止まってきたのか、ヴェルディユースが前を向いて攻撃を仕掛けられるようになり、押し込まれる展開も増えてくる。

横河の先制点は前半終了間際。
FW富岡大吾が前がかりになった相手の裏に抜け出し、カウンターで相手を寄せつけることなく決めた。

横河にとっては安心の先制点だったはずだ。

が、後半が始まるとすぐさま追いつかれる。
MF小林祐希のキレたスルーパスがMF南部建造に通り、キーパーまでかわしてゴールに流し込んだ。

前半以上にヴェルディユースがボールを回せるようになった。やはりパスサッカーはヴェルディの伝統なのだろう。
最終ラインと中盤の間で前を向いてボールが受けられるようになると、そこにたくさんの選手が絡む。
スピードやテクニック、スタミナでは相手に負けないという自信も前半以上に見えてきた。

横河も体力的に苦しい中攻撃を跳ね返し続けた。
カウンター攻撃が増えた分、シュートチャンスも増えた。
富岡に変わって入ったFW岡が効いた。スピード勝負では群を抜いている。

結局後半は1-1のまま終わり、延長突入。

両者気合いの入った円陣を作って試合に臨んだが、ペースはヴェルディユースのままだ。

そしてついにヴェルディユースが勝ち越し点を奪った。
逆サイドでフリーになったMF山浦がうまいトラップでボールを収めると、前に居並ぶディフェンスをものともせずにゴール隅にしっかりと決めた。
衝撃的なゴールだ。

横河は意地の猛攻を仕掛けた。
後半も含めて2点目が入るチャンスはあったのだけど、もう少しのところで決まらない。
ヴェルディユースの最後まで途切れないガムシャラなプレッシャーはかわされることも多かったけど、その勢いで失点だけは許さなかったんじゃないかとすら思えてくる。

延長の後半10分は彼らにとって長かったに違いないが、スコアは2-1のまま変わらなかった。

1008282

社会人アマチュアチームを応援するということは、若い世代に屈する経験をする可能性が多いに違いない。
プロになれなかった、プロを選ばなかった選手達とプロの卵たちとの戦い。
後者が勝つのも理解できるけど、横河にはJFLを戦う大人として意地を見せてほしかった。

横河も今までなかなか越えられなかった大学の壁を準決勝で破ったものの、高校世代の壁の方が高かったとは。。

ヴェルディユースを見て天皇杯にもユース枠や高校世代の枠があってもいいんじゃないかと思ってしまった。
折角なので、FC東京と戦うところまで勝ちあがってほしいものだ。

1008284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

晴れた日は大山へ行こう

米子の実家へ帰省するたびに大山の中腹へ行っている気がする。

それでもこんなにすっきり展望できるのは初めてだ。

隠岐の島が見えるとは聞いていたけど、島根半島の奥の海まで見えるとは!

1008081

1008084

米子生まれの自分にとって、大山こそ心のふるさとだ。

1008083

シメはやっぱり「大山まきばみるくの里」のソフトクリーム。

最初の一口が絶品。

どうしてこんなに濃厚なミルク味になるんだろう!

でも真夏の屋外に持ち出したら溶けるスピードが・・・瞬殺でした(笑)

1008082_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

久しぶりのバードスタジアム

約1年ぶりにバードスタジアムへ。

ナイトゲームのバードスタジアムは、屋根の羽根部分が浮かび上がり、幻想的にすら見えるから好きだ。

1008075

当時より出店も増えたようだ。

その中でも大山ハムの店が盛り上がっていた。

ソーセージは肉汁が出てきて美味。種類も多い。
その点で先週の西が丘ドッグを越えている。。
ぜひ来年以降も、ガイナーレのホームゲームに出店していただきたい。

1008073

ゴール裏の人数も増えているのではないだろうか。
去年の8月の写真と見比べてみたら、すき間が減っているようだ。
ゴール裏のコンパクトさも手伝って、見た目的にも熱気が伝わってくる。
アウェイでの応援者を見ても、多くの人達を巻き込んでいることがわかる。
JFLにいながら年々増えているということは、まだまだ発展の可能性があると思う。

1008074

あとは観客動員数だ。
これからがガイナーレのシーズン集大成、色々なドラマが起こるのだ。
見逃すわけにはいかない。
そして次のホームゲーム、SAGAWA SHUGA戦の目標は1万人の動員。

1万人で埋まるバードスタジアムは鳥肌ものに違いない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

JFL後期第6節(ガイナーレ鳥取vsソニー仙台)

1008071

ガイナーレ鳥取 3-1 ソニー仙台

前半早々に2点奪取!
ハメド様々だ。

ソニー仙台にはチャンスを作らせない。
ソニーの前線の選手はボールにもほとんど触れなかったと言っていいくらい、守備はうまくいっていた。
服部の存在感は大きい。

しかし、攻撃は今一つ各選手のイメージが合ってないような気がした。
前期のソニー戦を彷彿とさせる膠着した時間帯が続いた。
いい時のガイナーレは、もう少しボールが動き、相手の裏が狙えてたと思う。
そこは実信の不在が大きかった気がする。

後半も早々に1点取り3-0。
美尾がサイドで基点となってチャンスが作れていたようだ。

その後PKで1点返され、攻め込まれるシーンが増える。

審判への異議で2回もイエローカードを出されたから、不満は多かったことのだろう。
しかも異議の後、ソニーのFW大久保に喜多がファーストタッチで簡単にかわされてシュートまで持ち込まれたりして、ヒヤリとする。

攻撃の方も、カウンターが発動せず得点のにおいはしなかった。
これは前節町田ゼルビア戦と同じだ。後半攻撃が尻すぼみしてしまう。
鳥取市内でディズニーパレードを見た後に駆けつけたお客さんを沸かせるようなシーンがもっとあっても良かったのに。。
確かに無理して得点を狙う状況ではなかったけども。
途中出場した住田のスピードが光るシーンを見てみたかったけど、これも中断明けのお預けだ。

それでも決定的ピンチに、決死のシュートブロックでゴールを許さないなど最後の部分で守備の固さを見せてくれた。
2失点目を喫し、苦しい試合に持ち込まれる可能性は十分にあったのだから、よく踏ん張った。
チャンスでしっかり決め極力失点を許さない、こういう強さは首位にふさわしいと思う。

3点も取っているのに、もっといい内容が見たいなんて贅沢かもしれない。
そもそも今年は上出来すぎるのだ。
いい形で点を取っても勝ち点3が取れなかったり、守備が耐え切れず完敗した試合は去年までウンザリする位あった。
夏場で苦しい季節だから消耗も大きいだろう。

それでも今年のチームなら、中断期間後は試合の大部分で相手を圧倒する強さを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

野津田競技場閉幕

先のガイナーレ戦は、今シーズンの野津田競技場での最後の試合だった。

今年は5回野津田へ行った。
負けていても試合終了までいつ点が入るかわからない、気の抜けないサッカーは面白かった。
山に囲まれた自然環境も気持ちいいし、何といってもスタジアムグルメがいい。
試合ごとにテーマを変えて屋台を呼んでいるから、その都度違うものが食べられるのが楽しみがある。
J2にしろ、J1にしろ、メニューに変化のない所が多いものだ。

2003219

今回のテーマは、鳥を「取」ろう、とのこと。

焼鳥丼や油淋鶏丼を食べたけど十分満足した。(急いでいたので写真は割愛)
よくある対戦相手の土地柄にちなんだものを食べよう的な企画だが、メニューのバリエーションも多い。

最寄り駅から20分近くバスに揺られてやってくるお客さんへの「もてなし」という意味でも、町田ゼルビアのフロントは努力されているのだと思う。
同じような立地にスタジアムがあるSC相模原も、観客を増やすためになんらかの工夫が必要になってくることだろう。

バスにしても無料だし、行きは5分に一度出ているから待ち時間も思ったより少ない。
しかし、帰りのバスは気をつけないといけない。
今回のように7,000人近く入ると、バス待ちの列が半端ないのだ!
ましてやアウェイチームが勝ったりすると、ほとんどのお客さんはすぐにスタジアムを出てしまうはずだ。。

一か八か、公園外の道路に出て流しのタクシーを拾おうとしたが、全く走っていない。
やむなく少し離れたゼルビアのフットサル場でタクシーを呼ぶことになった。
タクシーの運転手曰く、この辺りは利用客がいないので流しはやっていないらしい。

これならシャトルバスを待って乗っても大差なかったかもしれない。
少しでも早く帰ろうと思ったら、あらかじめタクシーを呼んでおくことが必須である!

隣町とは言え、この日のように川崎市の等々力競技場とハシゴしようとしても1時間では着くことが難しい。
アクセスについてはこれ以上しょうがないことだけど。

来年には1万人以上入れるスタジアムに変貌し、見違えるような光景を目にすることだろう。
その時はJ2なのかJFLなのか、シーズン最後までわからない雲行きになってきた。
それでもしつこいまでに攻撃的なサッカーを野津田でまた見てみたい。

1008012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

JFL後期第5節(町田ゼルビアvsガイナーレ鳥取)

1008011

わずかなチャンスをモノにし、1点を守りきった堅実極まりない勝利!

町田ゼルビア 0-1 ガイナーレ鳥取

ホームの町田ゼルビアは、いつもと逆のエンドを選んだ。

開始15分位はゼルビアペース。

それをしのぎ、ガイナーレがサイドの高い位置で基点を作れるようになる。

そして、梅田が左サイドからディフェンスを抜きペナルティエリアを突進。
中央にいた小井手のシュートはキーパーの体をすりぬけた!

残りの前半はセットプレーでピンチがあったくらいだった。

ゼルビアは後半、時間の経過とともに、攻撃的選手を増やしていく。
それに対してガイナーレは、中盤と最終ラインで挟み込む守備でうまく凌いだ。
木島らがドリブルで中に切り込んできても、落ち着いた対応で最終ラインの裏を突くことは許さなかった。
本職ではない右サイドバックの加藤も、一対一で対峙してもほとんどクロスを上げさせない見事な対応だった。
ホーム野津田で何度も後半終了間際にゴールを上げているゼルビアだから、1点差では心許なかったのが正直なところ。
あまりにもチャンスが作れなかったことも厳しかった。
しかし、時間は確実に経過し、1-0で試合は終了。
試合を終えた選手達は満面の笑みだった。

ゼルビアはワンタッチでパスを回しながらボールを支配することはできた。
守備でもほとんどの場面でハメドに仕事をさせなかった。後半ガイナーレのチャンスが皆無だったのは、ハメドが抑えられたのが大きいのではないだろうか。
DF津田はサイドバックが本職のはずだが、センターバックでは予想以上の奮闘ぶりだった。

ガイナーレにとっては、攻撃力ある相手を無失点で抑えられたことは大きい。
こういう試合を1点差で勝つことが、去年は足りなかったはずだ。

前期はリーグ最強の矛と盾を争う対決だった。
初めて流れの中で失点をしたのがこの試合で、以降失点が増加した。
2回目の対戦で無失点に抑えたことをケジメにして、堅い守備を取り戻すきっかけとなってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

西が丘ドッグ

1007312

完全にネーミング勝ちだ。
ただのホットドッグだったらそう購買意欲がわかない。450円だし。
他に「西が丘サンデー」なんてのもある。

でもソーセージ自体は巨大で、とても肉肉しく食べ応えがある。

たぶん9月に西が丘で行われるガイナーレ戦でも食べられるだろう。
J開催時にも出るのか、横河武蔵野のホームゲーム時に限られるのかは不明。

1007313

本日の観客約400人ということで、普段の武蔵野開催の方が多いというのが武蔵野密着ぶりを感じさせる。

試合終了直後に、子供達の熱い要望に応えて近づいてくれたのは素敵な光景だった。
武蔵野のメインスタンドじゃ手が届かないだろうし。

でも子供達は試合中、白い方がんばれ~って叫んでたけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »