« 住田貴彦が故郷へ | トップページ | 西が丘ドッグ »

2010年7月31日 (土)

JFL後期第5節(横河武蔵野vs佐川印刷)

横河武蔵野 1-4 佐川印刷

前半は佐川印刷、後半は横河武蔵野、それぞれが主導権を握った。

佐川印刷は前半早々、中盤からペナルティエリアに飛び出したMF大槻がFW平井につないで先制。

相手の裏を付く鋭いギアチェンジ、長い距離を走って前線に絡む佐川印刷の攻撃は健在。
3回くらいは決定的なチャンスがあった。
全体的に暑さのせいか少し抑え目な気もしたが。
そのうちの1回は先日のガイナーレ戦で2ゴールを決め、鮮烈な印象を残した中島。

一方の横河はいいところなし。
攻撃の組み立てでミスが多かった。

後半は、横河が流れを取り戻すべく積極的に攻撃を仕掛けてくる。
流れがよくなってきた所でドリブルのうまいMF永露を投入し、サイドからの仕掛けでも相手を脅かす。

しかし、コーナーキックから大槻が決め佐川印刷追加点。

その後カウンターが冴え、平井が本日2得点目、0-3となる。

横河が1点を返したのはその2分後、途中投入のFW富岡が左サイドをえぐって折り返しのボールをFW関野が決めた。

もう1点でも返せば試合はわからなくなるところだったが、佐川印刷のカウンターがまたしても決まり、1-4。

横河は1点でも取り返そうという姿勢を見せ相手を押し込み、観客を沸きあがらせたがこのまま終了。

佐川印刷7試合ぶりの勝利は、ゴールショーとなった。
が、それよりも守備が踏ん張れたことがなによりだろう。
キーパーの川本は声を出し続け若い守備陣を鼓舞し続けた。
途中投入のMF大坪も味方が苦しい時間に誰よりも走り、ボールを前へ運んだ。

今年の佐川印刷は新卒の選手が多数スタメンとして出場しているが、経験豊富なベテラン選手も存在感を見せてくれた。

横河も途中投入の永露や富岡が、サイドからドリブルで仕掛けを見せてくれた。
が、得点は遠かった。
前半なにもできず、ビハインドを追うことになったのが痛かったようだ。

横河にしろ、ソニー仙台にしろ、2年連続JFLで好成績を達成するのは簡単ではないのだろう。

1007311

|

« 住田貴彦が故郷へ | トップページ | 西が丘ドッグ »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/35973471

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第5節(横河武蔵野vs佐川印刷):

« 住田貴彦が故郷へ | トップページ | 西が丘ドッグ »