« 後期第1節(ネット中継) | トップページ | 負け試合だから見えた美尾敦の執念 »

2010年7月13日 (火)

JFL後期第2節(ブラウブリッツ秋田vsガイナーレ鳥取)

1007111

ブラウブリッツ秋田 3-2 ガイナーレ鳥取

前半早い時間に先制し、今日はエンジンがかかるのが早いなと思った。

前半は、ガイナーレが相手陣内深くまで攻める展開が多かった。
サイドの裏のスペースに抜け出し、やけにコーナーキックを多く取ったのが印象に残る。

しかし、この流れの中で追加点がとれないまま、セットプレーで相手を倒しPKを与え、同点となってしまう。

前半40分辺りから、ガイナーレの運動量が落ち始め、耐える時間帯となった。

後半の立て直しがうまいガイナーレは、ペースを取り戻してくれると思えたが・・。
そこは、ブラウブリッツの方が上手だった。
ガイナーレがボールホルダーにプレスをかけるのを嘲笑うかのように、パスがよく回る。

後半13分、中盤でパス回しを止められず、相手右サイドからフリーでクロスを上げられ、エースFW松田に逆転ゴールを許した。

たたみかけるようにMF池田に直接フリーキックを決められ、あっという間に3-1となってしまう。
直前のファウルがハンドだったのも流れの悪さを感じさせられる。

ガイナーレは、リードを奪い守りを固めた相手を崩せず、時間は過ぎていく。
2回位相手の裏に抜け出しところからチャンスを作り、惜しいシュートを放ったが、こういう形を継続できない。

後半ロスタイム、中央突破を試みた実信がもらったファウル。
美尾のフリーキックは相手の壁をものともせず、ゴール隅に突き刺した。

しかし、これがラストプレーという時間帯であり、試合はまもなく終了。

上位チームとの対戦は甘くない。
わかってはいたけど、現実を突きつけられた形だ。
TDK時代も含め負けたことのない相手だったが、相性通りにはいかなかった。
逆転負けというのも悔しい。

ブラウブリッツは前半押し込まれながらも同点に追いつき、自分達の時間帯にしっかり得点をあげ、ゲームをうまくコントロールしたと言えそうだ。
後半、小井手と奥山がサイドのポジションを入れ替わると、対応するようにブラウブリッツのサイドバックもポジションを入れ替えてきた。
勝つためにこういった入念な対応も見せられた。

去年まで中盤の選手の質には定評があったが、FWに松田というボールを集めれば決めてくれるエースストライカーが置かれたことで、得点に結びつくようになったのではないだろうか。

ガイナーレは先制して追いつかれた試合は、今期2試合目。ほとんどない。
前期は守りを固めれば、リードを守り切っていた。
それだけに逆転負けは守備の不安を隠せない。
守備意識の統一も必要だろうが、安定感のある内間、吉野の復帰も待たれる。

主導権を握ることを目指す、という点からはうまくいかなかった。
でも試合の最後まで戦う気持ちは見えている。
苦しい戦いが増えるだろうが、見据える先はJ参入、JFL優勝。
十分その力はあるはずだ。

|

« 後期第1節(ネット中継) | トップページ | 負け試合だから見えた美尾敦の執念 »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/35723695

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第2節(ブラウブリッツ秋田vsガイナーレ鳥取):

« 後期第1節(ネット中継) | トップページ | 負け試合だから見えた美尾敦の執念 »