« カメラブース(東山陸上競技場) | トップページ | 女川の青と緑 »

2010年6月 8日 (火)

インターネット中継に感謝

6月6日(日)

13時から、ガイナーレ鳥取vs横河武蔵野

15時から、FC琉球vsMioびわこ草津

と、インターネット中継でJFL三昧された方々も相当数いるのではないだろうか。

関東社会人1部の、YSCC対ヴェルフェたかはら那須に行くか迷ったけど、連続中継ということで自宅観戦を選択。

結果的に、やっぱり応援するチームは、映像観戦でも優先した方がいいということを思い知った。

ガイナーレは強豪相手にまたも逆転勝ち!
2-1.

試合終了が近づくにつれ、なんとか2点目を取ってほしいという期待から選手の動きに視線が釘づけになる。
ハメドがディフェンスと向かいあい、息詰まりそうなぐらいの緊迫感。
そこから放たれたクロスともシュートともつかないボールの軌道はゴールに吸い込まれた。

この唐突な緊張からの解放に叫ぶというより、絶句した。

対戦相手の横河武蔵野には、先週のソニー仙台よりも危険なシーンを多く作られたと感じた。

ガイナーレはおおむね抑えることができたが、横河はFWを裏へ走らせ決定的なシュートを何度か放っていた。
FW関野はシュートに持ち込むまでの動きがうまい。
1ヶ月前に見たときよりも調子良さそうだった。

DF瀬田を中心としてハメドを封じる場面も多かった。

組織的な守備は健在、切り替え早くカウンターを狙える。

今後、巻き返してきそうな予感はある。

ガイナーレは前半の終わりの方では、高い位置でボールを回せた。
得点を感じさせる時間帯だった。

一方で、後半中頃は運動量が落ちて、押し上げられない時間が続いた。
疲れのたまる夏場に向けて、不安を感じる部分ではある。

ハメドのマークがますます厳しくなることは間違いない。
パスワークで崩す攻撃と、相手の裏を狙った縦への早い攻撃がますます浸透すれば、ハメドに頼らずとも点は取れるはずだ。
守備も無失点を取り戻したい。

引き続き観戦した試合はFC琉球が4-1で快勝。

琉球は、前半に高い位置からプレッシャーをかけてペースを握ることができた。
この調子だと、初の一桁順位は十分実現できるのではないだろうか。

Mioは、早々に守備が崩壊。
攻撃陣も主力を欠いているようだが、今期何試合か見た試合同様、なかなか点が取れそうに見えない。
後ろの順位が見える位置におり、厳しい戦いが続きそうだ。

それにしても、関東から遠い地で行われているJFLの試合が2試合も見られるとは!

スカパーなんかでJFLの試合が見られるようになることはありえなさそうだから、今後もインターネット中継には期待したいものだ。

|

« カメラブース(東山陸上競技場) | トップページ | 女川の青と緑 »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/35109993

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット中継に感謝:

« カメラブース(東山陸上競技場) | トップページ | 女川の青と緑 »