« まさかのロッキー登場 | トップページ | 廃墟?(足利市陸) »

2010年6月30日 (水)

JFL前期第17節(栃木UVAvsガイナーレ鳥取)

1006271_2

栃木UVA 0-6 ガイナーレ鳥取

内間が怪我。服部が出場停止。ハメド、阿部という不動のツートップを温存?

今期のガイナーレを支える背骨をぽっかり抜いてしまったようなスタメンに驚いたが、全くの杞憂に終わった。

前半の10分位までは、栃木UVAの出足が早くペースを握りきれなかったが、PKを得て先制すると立て続けに3得点!

前線からプレッシャーをかけボールを奪い、相手の裏を狙った攻撃がはまった。

2点目なんかはダイレクトパスをポンポンと繋ぎ、ゴールに結びつけた美しい流れ。

相手守備のズレを突いたのか、サイドチェンジのパスがよく通り、ピッチを広く使えた。

特に実信はいつもよりプレッシャーを受けなかったのか、存分にパスセンス、テクニックを発揮した。
存在感絶大な中盤の王様だ。

小井手と美尾の間にもホットラインができつつあるのだろうか。流れがいい。

梅田も嬉しい初ゴール。
オフサイドで幻に終わったループシュートもあったり、コンディションが上がっているようだ。
阿部のライバルとして競い合えば、とても心強い。

後半はUVAの攻めを受けることになり、仮に1点差だったら心臓に悪い試合になるようなピンチも多かった。
小針が、W杯で見るようなアフリカンゴールキーパーを彷彿とさせる脅威の反射神経を見せる。
寸手のところでゴールを防ぐ場面も見られた。

三浦も服部の穴を埋めるべく、しつこい位にボールを奪いにいったり、カバーリングに走った。
彼ならではと言えそうな守備の持ち味を見せてくれた。

とりあえず、攻撃力のあるチームを相手にして、久々の無失点に終われたことはよかった。

相手が前がかりになった分、後半も3得点。
カウンターに4人割いてたりするシーンも多かったから、何点でも取りにいくつもりだったに違いない。

大勝したからといって安心できないのは、去年のガイナーレの残像があるから。

ただ、今年は接戦をモノにできている。
主力選手が出られなくても勝てている。

得意のバードサマーナイターが続く後期も、着実に勝ち点を積み重ねてほしい。

1006272_2

|

« まさかのロッキー登場 | トップページ | 廃墟?(足利市陸) »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/35535129

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第17節(栃木UVAvsガイナーレ鳥取) :

« まさかのロッキー登場 | トップページ | 廃墟?(足利市陸) »