« ソニー仙台戦に向けて | トップページ | コバルトーレ女川を訪ねる(東北リーグ前期第7節) »

2010年5月31日 (月)

JFL前期第10節(ソニー仙台vsガイナーレ鳥取)

ソニー仙台 1-1 ガイナーレ鳥取

服部のパスミスから最終ラインの裏を取られ、先制を許す。

危惧していた立ち上がりの失点。
試合は難しいものになった。

ソニーは組織的な全員守備でガイナーレに攻撃の形を作らせない。

前半は、ボランチに入った実信から期待されたような攻撃の展開が見られなかった。

岡野のスタメン起用も、ボールは何度も持てたが見せ場はなかなか作れなかった。

ガイナーレの決定的チャンスは、相手のパスミスを奪い、ハメドがキーパーと1対1になったが、ポストに当ててしまい同点にならず。

同じようなチャンスを作りながら、得点に結びつけたソニーと明暗を分ける形となった。

後半、風上に立つガイナーレ。

さらに岡野に変えて、怪我から復帰した小井手が登場。
流れは変えられるか。

1005291

しかし、相変わらずボールは持てるが、ソニーの固すぎる守備の前に攻めあぐねる展開。
全員が自陣に戻り、きれいに守備ブロックを作られてしまう。
あっさりとパスが相手に引っかかってしまうのがもどかしい。
クロスすら上がらない時間が長く続く。

1005292

そうこうしているうちに、ソニーは決定機を作るがシュートミスなどで助けられる。
風下に立ち、ディフェンスの裏を狙ったボールが流れてしまうなど風も味方してくれた。

後半30分辺りから、ソニーのプレッシャーが弱まってきた。

サイドチェンジから逆サイドの選手がフリーでボールを持てるようになる。

同点ゴールは、尾崎のクロス→阿部のヘディング→ポストに当たるが、実信がこぼれ球を押し込む。

阿部は主にDF山田から厳しくマークされ思うようにプレーできなかったが、この瞬間だけはフリーでシュートを撃てた。

ここからは逆転を信じた。

ソニーも同点にされると、一転して攻撃に人数をかけてくる。
勝利への執念がすごい!

FW町田、大久保とエース級を続々投入してきたが、むしろMF村田の積極的な仕掛け、スピードが脅威だった。

ガイナーレも分厚い攻撃をしかけたが、得点できず1-1の引き分け。

1005293

昨年のガイナーレだと、先制され大量失点で追いつけずタイムアップしというイメージが強い。
そのせいか先制されながらも堅い守りを崩し、無敗をキープした安堵感が強かった。
やっぱり今年のガイナーレは進化している。

ソニーは、最近失点が多かったとはとても思えない。
守備の堅さを取り戻したとしたら、今後も手強い相手となるに違いない。
次節の町田ゼルビア戦が試金石となるだろう。

ガイナーレは町田戦のような縦に早い攻撃はなかなか見られなかった。
一方で、小井手の復帰は嬉しい。
彼の積極的な裏への飛び出しは、この日はボールを引き出すことができなかったが、前線を活性化してくれるだろう。

横河、佐川滋賀と厳しい相手が続く。
もどかしい試合展開になるかもしれないが、今年のガイナーレならきっと勝ち越してくれるはずだ!

|

« ソニー仙台戦に向けて | トップページ | コバルトーレ女川を訪ねる(東北リーグ前期第7節) »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/34964760

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第10節(ソニー仙台vsガイナーレ鳥取) :

« ソニー仙台戦に向けて | トップページ | コバルトーレ女川を訪ねる(東北リーグ前期第7節) »