« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

JFL前期第10節(ソニー仙台vsガイナーレ鳥取)

ソニー仙台 1-1 ガイナーレ鳥取

服部のパスミスから最終ラインの裏を取られ、先制を許す。

危惧していた立ち上がりの失点。
試合は難しいものになった。

ソニーは組織的な全員守備でガイナーレに攻撃の形を作らせない。

前半は、ボランチに入った実信から期待されたような攻撃の展開が見られなかった。

岡野のスタメン起用も、ボールは何度も持てたが見せ場はなかなか作れなかった。

ガイナーレの決定的チャンスは、相手のパスミスを奪い、ハメドがキーパーと1対1になったが、ポストに当ててしまい同点にならず。

同じようなチャンスを作りながら、得点に結びつけたソニーと明暗を分ける形となった。

後半、風上に立つガイナーレ。

さらに岡野に変えて、怪我から復帰した小井手が登場。
流れは変えられるか。

1005291

しかし、相変わらずボールは持てるが、ソニーの固すぎる守備の前に攻めあぐねる展開。
全員が自陣に戻り、きれいに守備ブロックを作られてしまう。
あっさりとパスが相手に引っかかってしまうのがもどかしい。
クロスすら上がらない時間が長く続く。

1005292

そうこうしているうちに、ソニーは決定機を作るがシュートミスなどで助けられる。
風下に立ち、ディフェンスの裏を狙ったボールが流れてしまうなど風も味方してくれた。

後半30分辺りから、ソニーのプレッシャーが弱まってきた。

サイドチェンジから逆サイドの選手がフリーでボールを持てるようになる。

同点ゴールは、尾崎のクロス→阿部のヘディング→ポストに当たるが、実信がこぼれ球を押し込む。

阿部は主にDF山田から厳しくマークされ思うようにプレーできなかったが、この瞬間だけはフリーでシュートを撃てた。

ここからは逆転を信じた。

ソニーも同点にされると、一転して攻撃に人数をかけてくる。
勝利への執念がすごい!

FW町田、大久保とエース級を続々投入してきたが、むしろMF村田の積極的な仕掛け、スピードが脅威だった。

ガイナーレも分厚い攻撃をしかけたが、得点できず1-1の引き分け。

1005293

昨年のガイナーレだと、先制され大量失点で追いつけずタイムアップしというイメージが強い。
そのせいか先制されながらも堅い守りを崩し、無敗をキープした安堵感が強かった。
やっぱり今年のガイナーレは進化している。

ソニーは、最近失点が多かったとはとても思えない。
守備の堅さを取り戻したとしたら、今後も手強い相手となるに違いない。
次節の町田ゼルビア戦が試金石となるだろう。

ガイナーレは町田戦のような縦に早い攻撃はなかなか見られなかった。
一方で、小井手の復帰は嬉しい。
彼の積極的な裏への飛び出しは、この日はボールを引き出すことができなかったが、前線を活性化してくれるだろう。

横河、佐川滋賀と厳しい相手が続く。
もどかしい試合展開になるかもしれないが、今年のガイナーレならきっと勝ち越してくれるはずだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

ソニー仙台戦に向けて

劇的すぎる逆転勝利から早くも1週間たとうとしている。

HONDA、町田ゼルビアという強敵との連戦に2連敗もありえた。
まさしく前期のヤマ場だ。

が、2連勝と最高の形で越え、首位を死守した。

次は、昨年のベスト3との対戦だ。

もちろん気が抜けるわけではないだろうが、ここ2試合は燃焼度の高い試合であったに違いない。

それだけに、今期不調を引きずるソニー仙台とは、気を抜くことなく今までの戦いを継続できるか気になるところである。

意外にもソニー仙台はここ8試合勝利がない。
勝利に飢えたチームだけに、試合の入り方には注意したい。

流れの中で無失点という記録が途絶えたが、こういうときは往々にして失点が重なることがあるように思われる。
ソニー仙台のエース、町田も試合に復帰したようだ。

再び無失点を継続できるなら、今年のガイナーレは心強い。

また、ソニー仙台は読めないチームという印象がある。

覚えている限りでは、2008年に当時開幕から絶好調のファジアーノ岡山に13節で2つ目の黒星を与えたと思ったら、翌週、アルテ高崎にリーグ戦47試合ぶりの勝利を与えたということも。

ガイナーレにとっては、決して相性のよくない相手であるだけに、心して戦いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

関東リーグ前期第7節(FCコリアvs海自厚木マーカス)

FCコリア 3-0 海自厚木マーカス

在日韓国人と自衛隊のチームという異色対決。
JFLにも色々な母体のチームがあるけど、地域リーグにはもっとコアなマイノリティの対決があるようだ。

予備知識もなく見たらどちらがどのチームかわからなかったが、全員短髪で統一した赤のユニフォームが厚木マーカスだと理解。

開始早々にキーパーと1対1の決定機を外したマーカス。
序盤は相手の裏を狙う攻撃が威力を見せる。

ロングボールを蹴りこむ展開が目立ったコリアだが、コーナーキックから先制。

後半には、ハーフラインを過ぎた辺りから放たれたロングシュートがキーパーの頭上を超えゴール!
Jリーグでも今節のベストゴールに選ばれうる技術だ。
さらにカウンターで3点目を取るという理想的な展開に、守備も安定感を見せた。

マーカスも先制点が取れたら逆の展開もありえそうな力を感じた。
しかしリードしたコリアを崩すには疲労が尾を引き、崩しにもうひと工夫加えられなかったように見えた。

ところで、今年の関東リーグで首位を独走するYSCCは、この2チームにも大差で勝っているようだ。
近々YSCCも見に行きたいと思う。

1005151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

JFL前期第10節(ジェフリザーブズvsツエーゲン金沢) ~スタジアム編

秋津サッカー場は初めて来たけど、とても見やすい。
スタンドからタッチラインまである程度距離があるので、ライン際のプレーがよく見えるのも嬉しい。
せっかくいいサッカー場なので、臨海や東総よりもこちらをたくさん使ってほしいものだが。
ただし屋根がないので、日差しから逃げ場がない。

1005095

外から見えてしまうのは仕方ないとして、シュートやクリアをふかしたりすると簡単に外に出てしまう。
外で見ていた人が、そのボールを投げ返してくれるという風景はのどかで楽しい。
サッカーはサッカー場の中だけで完結するものではない。ただその周りを通りかかった人すら試合の運営に関与してしまう。
そんなゆるさを味あわせてくれるシーンだった。

1005096

以前、ジェフリザーブズのホームではスタジアムグルメを見たことがないと言ってしまったが、この日は出ていた。

1005094

メニューは焼きそば、からあげ、フランクフルトなどオーソドックスなもの。
しかし、全品200円と良心価格!500mlペットボトルは150円とイベント会場の上乗せ分がない。
この出店は秋津サッカー場に限るのだろうか。
この商売っ気のなさが、ジェフリザーブズの穏やかなホームゲームにはぴったり合うように思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

JFL前期第10節(ジェフリザーブズvsツエーゲン金沢)

1005091_2

ジェフリザーブズ 1-3 ツエーゲン金沢

久保竜彦が全得点に絡む大活躍!
シュート力と正確さ、ポジショニング、ポストのうまさ、ゴール前では非常に怖い存在だ。
JFLでは余裕を持ってプレーしてるように見えたけど、強引にしかけるというより、周りを生かすプレーが多かったようだ。
献身的に走り回るFW古部とのコンビは今後も期待できそうだ。

怪我で不遇の時期が続いたけど、まだまだ引退なんて言ってほしくないプレーぶりだ。

1005093

ツエーゲンは早めに先制できたからか、カウンター攻撃が目立った。
一方、リザーブズはパスをつないで裏を狙う攻撃が見られた。
在籍年数の長いFW鳥飼が今日も前線で奮闘していた。

しかし攻撃は意欲的なのだけど、守備が足を引っ張ってしまう・・・。
2失点目はクロスの軌道にディフェンダーがいたように見えたけど触れずに、ファーサイドにいた久保がシュートを打てていた。
サイドから攻撃を受けると危うい場面が多い。
また、ディフェンスラインのボール回しが何度かラインを割ってしまったり。。
リザーブズは大量失点試合が多いし、もう少し基本的なところからしっかりしてほしいところだ。

試合終了後、DF込山が周りの選手達に再三抱きついてたのが印象的だったけど、今期初スタメンだったようだ。
ツエーゲンの快勝となったが、久保を観に来た人にとっても大満足の試合だったに違いない。

1005092_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

東京のオアシス

今年初めて武蔵野陸上競技場に行ったけど、やっぱり居心地がいいスタジアムだなぁと思った。

この階段がまず高揚感を沸き立たせてくれる。
三鷹は緑の多い街だけど、新緑が本当に清々しかった。

2005034

町田のJを目指すチームならではの熱気も好きだけど、決して寂しくない適度な観客数でゆっくり見られる環境は心地いい。
鳴り物禁止というのがちょっと寂しくはあるが。

なによりピッチの背景を見てると、芝生の木陰で寝そべりたくなってくる。
J規格の競技場では、スタンド内にこんなに木は植わってないだろう。

2005031

試合に飽きたら本を読むなり、眠りに落ちればいい。

近所にこんな競技場があればいいのにと思う。

芝生席だけ500円位で開放すれば、そんな風に楽しむお客さんも増えるかもしれない。

この日は近所のブラジル料理店、「アウボラーダ」が出店していた。

トマトベースのストロガノフで、心温まる家庭的なやさしい味。
試合前から満足してしまった。

2005033

関東のJFLチームを見ると、ジェフリザーブズや流通経済大学ではスタジアムグルメを目にしたことがない。
同じ入場料を取るなら、地域と連携して「もてなし」の部分も頑張ってほしいものだが。

Jを目指す目指さないは別として、横河武蔵野みたいな、ささやかな賑わいがあり、楽しませてくれるクラブが全国各地に増えてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

JFL前期第9節(横河武蔵野vsMioびわこ草津)

2005032

横河武蔵野 1-0 Mioびわこ草津

率直な感想としては、現時点で町田ゼルビアと横河武蔵野の東京ダービーがあるとしたら、ゼルビアが優勢だろうということ。
1試合見ただけで言うのもなんだし、戦力から考えても自然なことだけど、それ以前に横河はまだチームが機能していないような印象を受けた。
昨年のような攻撃的サッカーは影を潜めている。決定機も少なかった。
うまくパスが回らないところを見ると、どうしてもゼルビアに移籍した太田のことを思い出してしまった。
それでもしぶとく勝ち点を重ね、上位につけてくるとしたら今後も強敵になるかもしれない。

前半は両チームともペースを握る時間帯があったが無得点。
MioはFW尾上にボールが収まり、サイドに展開しクロスからシュート、と攻撃の形ができた時間帯もあった。
どういう偶然か、Mioの試合を見るのはすでに3試合目(対ガイナーレ、ゼルビア)
になるけど、ここまでボールを持てる展開は今期初めて見た。
その分、横河が上記2チームに比べてイマイチに見えたのかもしれない。

後半、横河の先制点は、中盤からのロングパスで裏に抜け出したMF林が折り返し、フリーのFW関野がしっかりとコースを狙って決めた。
昨年大活躍の関野も第9節にして初ゴールとは意外。

横河の組織的な守備が前半より機能し、Mioはボールを回せなくなる。
1週間前のガイナーレ戦でのMioはもっと動けていた印象だけど、連戦の影響もあったか。
1-0で横河が守りきったが、この辺りの守備の固さはさすがだなと思った。

JFLだと怪我人情報がなかなか伝わってこない。
MioのスタメンMF安里や、エースFWのイメージがある木下もメンバー外。
最近はFWアランが途中出場しているようだ。
安里の代わりに出ていた伊藤は右足で強烈なシュートを打っていた。
アランの身体能力はすごそうだけど、周りと合わせるのが大変そう。
守備はともかく、Mioの攻撃は消化不良な印象があるだけに、試行錯誤が続くかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

JFL前期第9節(町田ゼルビアvsFC琉球) ~スタジアム編

6,573人。
町田ゼルビアのホームゲームでは動員数新記録らしい。
メインスタンドの当日券も売り切れていた。
芝生席がしっかり埋まる様子は壮観だった。
とりあえず、もっとキャパシティを増やす必要があるのは間違いない。

2005021_2

このあと行った東京ヴェルディのホームゲームは3,575人。

町田ゼルビアはチームの調子のみならず、首都圏のサッカー界ではかなり注目されているようだ。

シャトルバスは鶴川駅から5分に1本出ていた。
首都圏にしてはアクセスが劣悪なのだから、待ち時間を短縮する心がけは嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFL前期第9節(町田ゼルビアvsFC琉球)

町田ゼルビア 1-2 FC琉球

前半27分にMF半田が退場するという、町田ゼルビア今期最大の試練。

これで琉球はボールを持つ時間が増え、形勢は一変。

それでもゼルビアのシュートが2度ゴールポストをたたくなど、先制するチャンスはあった。
FW木島、勝又、相変わらず前線の個の力は非常に高いようだ。
また、中盤の底にいた太田の攻撃参加を見ても、一人少ないながらも守りを固めるというより、リスクを背負った攻撃をしているように見えた。

数的有利に立ちながらも、イマイチ精度を欠く攻撃を繰り返していた琉球。
それでも守備は踏ん張っていた。
すると、後半24分に鈴木が豪快に直接フリーキックを決めると、立て続けに國中がミドルシュートを決め追加点!

2失点目以降、ゼルビアは沈黙。
木島の特攻ドリブルもやりすぎては止められる。

それでもゼルビアはロスタイムに木島がようやく1点返す。
チームも約6,500人の観客もまさに目が覚めたような瞬間だった。

息を吹き返したゼルビアが猛攻を仕掛けるか、という注目の時間帯だったが、そこにはだかったのは山下芳輝。
貫禄の鬼キープだ。

2005023

初黒星を喫した町田ゼルビアだが、こういう展開でもなければ無敗はストップしなかったに違いない。
連戦で前半に退場者は酷だ。星なんかもヘロヘロに見えた。
礼儀正しい、温かいメインスタンドのサポーターからも審判団に対してブーイングが出ていた。

まぁ改めて個人の能力の高さはわかったし、来週以降も勢いは落ちないのではないだろうか。
ここまで無得点試合はなし。一人少なくても点を取る力があるというのは強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »