« 歴史は動いた | トップページ | JFL前期第6節(ガイナーレ鳥取vsジェフリザーブズ) »

2010年4月13日 (火)

JFL前期第5節(町田ゼルビアvs栃木UVA)

試合開始直前にUVA側から町田ゼルビアコールが起こり、試合終了後にはゼルビア側からUVAコールが起こった。
関東リーグ時代から知る両サポーター達にとっては感慨深い試合だったに違いない。

町田ゼルビア 3-1 栃木UVA

またしてもゼルビアの強さと安定感を見せつけられた試合となった。

前半こそUVAは集中力を見せ、ゼルビアの攻撃を封じていた。
前線のターゲット勝又をDF林が執拗にマークして封じる。
FW木島の裏への飛び出し、サイドの星はたまに基点になる程度。
気温が20度を超えた影響もあるのか、ゼルビアの攻撃は寸断されていた。

ハーフタイム時には他会場の試合が全て終了。
上位陣はそろって引き分け。
ゼルビアは勝てば頭ひとつ抜け出し、首位となる。それとも他チームにお付き合いか。

そんな注目の後半。
早々にゼルビアが先制だ。
左SB斉藤が深く切れ込んでクロスを入れると、混戦の中で柳崎が決めた。

1点入るとゼルビアが一気に攻勢。
木島がカウンターから怒涛のドリブル、ミドルシュートを突き刺す!
もはやこのアマチュアリーグをあざ笑うかのような個人技。。

2-0で大勢は決したかと思われたが・・。

UVAは切り札長身FW若林を投入。

若林が頭で落とす→MF前田がつなぐ→FW石舘が裏に抜け出し冷静にゴールへ流し込む。
まさに狙い通りの形で1点差に追いすがる。

ここからはゼルビア守備陣がいかに若林対策を行うかが注目だったが、次の得点はゼルビアに。
勝又がPKゲット。
UVA守備陣もついには彼を捉えきれなくなってしまったようだ。

3-1、またしても快勝だ。

前線のタレントが能力を発揮、中盤の豊富な運動量、守備陣の人への強さ、安定感もゆるぎなし。
しばらくは死角を見い出すのが困難かもしれない。

ガイナーレが対戦するのは5月。
チームの完成度を高める時間があるからよかった。
非常に楽しみな対戦になりそうだ。

それから、一つ注目していたのは斉藤広野。
昨年横河武蔵野で存在感を発揮していたが、ゼルビアに移籍後第5節にして初スタメンだ。
膠着した時間帯に見せた力強いオーバーラップは迫力があったし、先制点のきっかけとなる攻撃参加で持ち味は見せてくれた。
しかし、後半途中交代。相馬監督の評価はどうだったのだろうか。

栃木UVAについては攻撃的なタレントが揃うだけに、今後攻めの形もできてくるのではないだろうか。
この試合に限れば若林の高さ頼みによる攻撃の方が効いていたが、目指すところは別であるに違いない。

2004111

ところで、観客は芝生席にたくさん入っているように見えたが3,000人に満たず。

2004112

野津田公園はまだまだ桜が華やいでいる。

花見に人を取られたかな。

|

« 歴史は動いた | トップページ | JFL前期第6節(ガイナーレ鳥取vsジェフリザーブズ) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/34180292

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第5節(町田ゼルビアvs栃木UVA):

« 歴史は動いた | トップページ | JFL前期第6節(ガイナーレ鳥取vsジェフリザーブズ) »