« ガイナーレ開幕戦 | トップページ | JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)~スタジアム »

2010年3月22日 (月)

JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)①

バランスの良さそうな補強を行い、Jリーグ入りを目指す町田ゼルビア。
前節ジェフリザーブズ相手に5得点、調子の良さそうなMioびわこ草津。

今節の中でも注目の対戦だ。

2003211

町田ゼルビア 2-0 Mioびわこ草津

序盤こそ五分だったが、前半30分に先制点をあげたゼルビアがMioを寄せつけることなく勝利。
相馬監督は攻守にバランスのいいチームを作り上げている、という印象を受けた。

注目の木島はまだまだフィットしていない部分もあるようだが、カウンターで見せたスピードは脅威。
キーパーとの1対1を3回近く止められたのはネタキャラ認定されかねないな。
それでも前節シュートゼロだったから、状態は良くなったのだろう。
むしろもう一人のFW勝又にボールが入るようになってからリズムがでてきた気がする。
2得点とも彼が基点になった。

2トップも脅威だが、後半は中盤の選手が続々と前線に絡み、ペナルティエリア内で仕掛けていた。
時間とともにこれがスピーディさを増し、決定機は数知れず。

中盤には町田出身の星大輔。右サイドを制圧し、期待通りの働きを見せてくれた。
このような選手が地元出身であるというのはうらやましい限り。

2003212

また、DF永野諒は昨年までニューウェーブ北九州に在籍。
去年はリーグ戦に1試合も出られなかったはずだが、開幕からスタメンを張っている。
どちらもJFLからJを目指すチームながら、環境が変われば活躍できるとは面白い。

一方のMioは攻撃の組み立てをさせてもらえなかった。
前線の木下が落としたところから展開したかったが、潰されて芽をつまれてしまった。
ゼルビアが後半の度重なる決定機を決めていれば、Mioは前節と全く逆のスコアになっていてもおかしくなかった。
それだけにGK安藤のファインセーブが一際印象に残った。

町田ゼルビアの今後の活躍を予想できる好ゲームとなったけど、それもガイナーレがロスタイムぎりぎりに追いついてくれたからに他ならないかな。。。
失点してからJFL公式サイトの速報を何度リロードしたことか!

|

« ガイナーレ開幕戦 | トップページ | JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)~スタジアム »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/33876262

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)①:

« ガイナーレ開幕戦 | トップページ | JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)~スタジアム »