« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月25日 (木)

JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)~おまけ

2003218

試合前のアップ。

Mioのキーパー練習では、控えキーパーが相手をしている。

あまり意識したことはないけど、他のチームでもよくあることなのだろうか?

控えメンバー帯同が5人なのはともかく、コーチの帯同も削らざるをえないのだろうか。
涙ぐましい絵だな。
これもJFL以下のカテゴリーならではか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)~スタジアム

町田ゼルビアのホーム開幕戦には4,993人が来場。
これだけ入ればとても賑わっているように見えるし雰囲気がいい。

2003215

町田市陸は山に囲まれたような場所にある。
木々に囲まれ、ヒーリング効果もあって気持ちのいい環境だ。
日常を忘れてサッカーを楽しむにはいい。
気になるのは次のホームゲームの動員。
去年の(ニューウェーブ)北九州みたいに、開幕から8割減だったりしたら悲しすぎるが。。

スタジアムの外にはJFL屈指?とも言われる屋台村。
沖縄料理、スリランカ料理、イラン料理・・・
この多国籍ぶりは、今度行った時は別のを食べてみよう♪という楽しみもでてくるに違いない。
2003214

この立て看板は本城でも見たことある。
選手紹介まで書いてある分、手が込んでいる。

2003217

ところでメインスタンドには欠陥がある。

2003216

アウェイよりの席。
芝生席より高い金を払っているのに・・・
この電柱がどこに行ってもグランドにかかって見える。
これが気になるなら、あと1000円払ってメイン中央に移動するか、ホームよりの席でゼルビアサポと一緒に応援するしかないだろう。

2003213

念願のナイター設備が完成。
自宅から最も近いJFLホームスタジアムなので、今年はちょくちょく足を運ばせてもらうことになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

JFL前期第2節(町田ゼルビアvsMioびわこ草津)①

バランスの良さそうな補強を行い、Jリーグ入りを目指す町田ゼルビア。
前節ジェフリザーブズ相手に5得点、調子の良さそうなMioびわこ草津。

今節の中でも注目の対戦だ。

2003211

町田ゼルビア 2-0 Mioびわこ草津

序盤こそ五分だったが、前半30分に先制点をあげたゼルビアがMioを寄せつけることなく勝利。
相馬監督は攻守にバランスのいいチームを作り上げている、という印象を受けた。

注目の木島はまだまだフィットしていない部分もあるようだが、カウンターで見せたスピードは脅威。
キーパーとの1対1を3回近く止められたのはネタキャラ認定されかねないな。
それでも前節シュートゼロだったから、状態は良くなったのだろう。
むしろもう一人のFW勝又にボールが入るようになってからリズムがでてきた気がする。
2得点とも彼が基点になった。

2トップも脅威だが、後半は中盤の選手が続々と前線に絡み、ペナルティエリア内で仕掛けていた。
時間とともにこれがスピーディさを増し、決定機は数知れず。

中盤には町田出身の星大輔。右サイドを制圧し、期待通りの働きを見せてくれた。
このような選手が地元出身であるというのはうらやましい限り。

2003212

また、DF永野諒は昨年までニューウェーブ北九州に在籍。
去年はリーグ戦に1試合も出られなかったはずだが、開幕からスタメンを張っている。
どちらもJFLからJを目指すチームながら、環境が変われば活躍できるとは面白い。

一方のMioは攻撃の組み立てをさせてもらえなかった。
前線の木下が落としたところから展開したかったが、潰されて芽をつまれてしまった。
ゼルビアが後半の度重なる決定機を決めていれば、Mioは前節と全く逆のスコアになっていてもおかしくなかった。
それだけにGK安藤のファインセーブが一際印象に残った。

町田ゼルビアの今後の活躍を予想できる好ゲームとなったけど、それもガイナーレがロスタイムぎりぎりに追いついてくれたからに他ならないかな。。。
失点してからJFL公式サイトの速報を何度リロードしたことか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

ガイナーレ開幕戦

いまさらだけど、ガイナーレの開幕戦は本当に幸先のいいものだった。

中継を見た限り、松田監督の言う「主導権を握るサッカー」という意味がわかる気がした。

松本山雅との戦いはもっと厳しいものになると思っていたけど・・。
3点目を入れて勝負を決定づけるまでは松本のやりたいサッカーを封じ込めることができたのではないだろうか。
苦し紛れのプレーをさせることができていたと思う。

攻撃では美尾のプレーの多彩さが本当に楽しみ。やっぱりJFLにいるのがおかしいくらいの選手なんだろう。
それにつられて実信も力を発揮できるといいな。

それにしてもJFLのない期間は3ヶ月半、長かった。。

今年も34試合、勝っても負けても楽しませてもらいましょう!

来週からはJFLの試合、ぼちぼち巡っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

時計(延岡西階陸上競技場)

1

なかなか味のある時計だと思う。

メインスタンド最後部にあるので、観客のために設置されているとは思えないが。

陸上競技では名の知れた競技場のようだが、ホンダロックも去年からホームゲームで使うようになった。

延岡市は、宮崎と大分の県境に位置していて、交通の要所と言える福岡から行くにもずいぶんハードだった記憶がある。

輪をかけて競技場のアクセスも・・・、公共交通機関にも見放された感があった。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »