« 2009年6月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月13日 (水)

09年のガイナーレ(後期)

後期第3節  0-1 町田ゼルビア(A)

この試合に向けて動員をかけていた町田に乗り込む。
前線からのプレッシャーに耐えかねてパスミス連発。リズムをつかめなかった。
大いに沸く準加盟のライバルを尻目に悔しい敗戦。

Photo

後期第4節  5-1 TDK(H)

ナイターのガイナーレは強かった。

Photo_2

後期第6節  3-0 佐川印刷(H)

無失点完勝!
岡野のシュートミスは記憶に残るものとなった。

Photo_3

後期第7節  0-0 ニューウェーブ北九州(A)

一進一退、両者譲らず。
お互い守備が踏ん張った。
この時点ではどちらがJに上がるかなんてまだわからなかった。

Photo_4

後期第12節 4-1 FC琉球(A)

沖縄遠征は今回がラストチャンスと思い立った。
08年開幕戦以来の逆転勝ち!
相性の良さもあいまって、先制された時も悲観しなかった。

Photo_5

6勝2分2敗なので、勝率はいい方。

強いガイナーレが見られていただけに終盤の失速は不可解なぐらいだった。
そもそも勝つ時は大勝、負けるときは大敗。
後期に入って1点差勝利がなかった。
ネット中継で見ていたけど、追いつかれた試合のバタバタぶりは見てて胃が痛かった。

今年は接戦をいかにモノにできるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

09年のガイナーレ(前期)

シーズン中まったく書いてないのでまとめて触れておきます。

09シーズンで観戦したガイナーレの試合は10試合。

前期第1節  1-0 Mioびわ湖草津(H)

Mioの厳しい守備に苦しめられた開幕戦。
ヤキモキしながらも終了間際のPKで勝利。
最後まで何があるかわからない。前期の快進撃はここから始まった。

Mio

前期第2節  2-1 V・ファーレン長崎(A)

準加盟のライバルと目された相手との前期の山場。
後半追いつかれたが、ロスタイムに小澤のボレーシュートで劇的勝利。
今年のガイナーレは勝負強い。明らかに違う!と思わせるには十分すぎた。
チームが重点を置いていたサイド攻撃も鋭かった。
個人的には今シーズンベストゲーム。

Photo

前期第4節  1-1 アルテ高崎(A)

鬼門のアウェイ高崎戦。
高崎にファインゴールを決められたが後半すぐに追いつく。
押し気味であったが、決定的チャンスを決められずドロー。
勝てそうで勝てないのは鬼門ゆえかと思わせられる節も。

Photo_2

前期第9節  1-2 SAGAWA SHIGA(H)

奇しくもJFL頂上対決となった一戦。
SAGAWAの強さを見せつけられた。

Sagawa_2

前期第10節 1-0 佐川印刷(A)

佐川印刷の必殺カウンターを喰らいまくる。
失点の気配はあったがなんとかしのいだ。
待っていたのは試合終了間際、謎のPKゲット。。
ロスタイム劇的ゴール第3弾。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

境高校

境 2-0 四日市中央工


Photo_2

パンフレットを見て驚いた。
鳥取県西部の中学校出身者ばかりだ。
そういう状況での高校選手権ベスト16は鳥取県出身者としても誇らしい!

守備に人数をかけて奪ったら相手陣内へ蹴り出す。
セーフティなクリアが最優先。味方につながればもうけもの。
高校サッカーをそんなに見たことはないけど、ここまで割り切ったチームはなかなか見かけない。
こういう防戦一方の戦い方でも2勝できたのは驚き。

境高校を見て「強小」という言葉を思いだした。
個々の選手の能力が高くない分、組織的に戦えるのかもしれない。
これが自分たちの能力を最大限に発揮する方法なのだろう。
米子北と競い合って、鳥取県のサッカーのレベルを上げていってほしい。

正月休み、早めに米子から戻ってきた甲斐があった試合でした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2010年2月 »