« ガイナーレの勝ちパターン | トップページ | JFL前期第11節(vsアルテ高崎・A) »

2008年5月 8日 (木)

JFL前期第10節(vsファジアーノ岡山・H)

ガイナーレ鳥取 2-3 ファジアーノ岡山

例年であれば首位相手に善戦!とか言えるんだろうけど、今年に限ってはねぇ・・・。

Photo_2







(スタメン)

   秋田 ハメド
原島       小井手
   アドゥール 吉野
尾崎 小原 中垣 冨山
     井上

(控え)
太田、田村、増本(←小井手)、実信、山本、小澤(←原島)、釜田(←尾崎)

前半からファジアーノの裏を狙う攻撃が脅威。
喜山は評判どおりの危険人物。その喜山がPKを含めて2得点とはさすがエース。
ガイナーレの攻撃は展開に時間がかかり、相手に対処する余裕を与えているのか点入る気配なし。
期待の原島は左サイドでは不向きなんだろうか。尾崎も同じく。

後半攻勢に出たガイナーレはコーナーキックから吉野がゴール。
とにかく1点取ればゲームの流れは変わると信じていた人も多かっただろう。なにしろここはホームだ。歓声が後押しするはずだ。
そして、ハメドのゴール前へのクロスを相手選手がオウンゴール!ゴール前にボールを集めていれば、JFLではこんな事故も起こるのか。
ここまではよかった。
そして89分、イヤな位置のフリーキックから、恐れていた通りの失点・・・。
2-3、そのまま試合終了。

試合終了後のハメドの退場、選手の泣く姿、サポーターの沈痛な表情。
重かった。
後半の戦いを見ても、選手達のこの試合に賭ける思いは伝わってきた。
しかし同じような時間帯に、同じような失点を許すことが繰り返される。
正直情けないとしか思えない。
でも勝利に飢えていることは確かだ。今はそれを信じたい。

今回ホームに行って、来年も今日のような白熱したゲームを大観衆と共有できればなと強く思いました。
せっかく広がりつつあるガイナーレの輪。どんな厳しい状態だろうと諦めたくないです。
諦めたら残された時間に苦痛しか残らないわけだから。

|

« ガイナーレの勝ちパターン | トップページ | JFL前期第11節(vsアルテ高崎・A) »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/20831485

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第10節(vsファジアーノ岡山・H):

« ガイナーレの勝ちパターン | トップページ | JFL前期第11節(vsアルテ高崎・A) »