« JFL第6節(vsHONDA FC・H) | トップページ | 富山市でどう過ごすか? »

2008年4月21日 (月)

JFL前期第7節(vsカターレ富山・A)

カターレ富山 1-0 ガイナーレ鳥取 (富山県総合運動公園陸上競技場)

富山まで行ってきたわけですがいいところも少なく敗戦・・。

08jflvsa_001_2




08jflvsa_002_2




 

小澤 釜田 ハメド
   吉野 実信
    アドゥール
吉瀬 戸田 小村 尾崎
     井上 

(控え)
修行、冨山(←戸田)、小井手(←実信)、山本、秋田(←釜田)、大多和

フォーメーションは前節HONDA戦と同じだと思います。

前半5分にコーナーキックから、カターレの濱野にマークを振り外され直接ヘッドで決められる。
前半のガイナーレは前線からのプレスに苦しみパスがつながらない。ハメドも徹底的にマークに合い、なかなか目立つことがなかった。
流れがつかめない中、戸田が負傷交代。冨山が入って、ディフェンスラインのポジションが下のように変わる。

 小澤 釜田 ハメド
   吉野 実信
    アドゥール
尾崎  吉瀬 小原 冨山 
     井上 

前半40分頃にペースをつかんだが、シュートまでは持ち込めなかった。

後半に入ると前半よりはいい形でボールが持てるようになるが、引いたカターレの守備を崩せない。
作ったチャンスもわずか。釜田の1対1のシュート、小澤が左サイドからのクロスにフリーで放ったヘディングが決められなかったは痛い。
逆にカウンターを受けて危険な状況を生み出すのは横河戦と同じで、井上の驚異的な反応と相手のシュートの甘さに助けられて1失点ですんだと思われる。
結果、1-0で敗戦。

ゴール裏にいたんで全体像はよく見えなかったんですが、まだまだ課題が山積してるんじゃないかと。
そもそも引いた相手を崩せないのだから、先制されたらとても苦しい。
フォワードの縦への飛び出しも少ない。チームとしても走り負けている。
最後になると、ハメドが中央に切り込んでシュートを打つという一発頼みに期待するしかない状況なのだから・・。
鶴見がいれば左サイドをドリブルで勝負できたんじゃないかとか、小村がいれば守備も安定するんじゃないかとか、怪我人の復活を待ちたくなる部分もある。
そしてなにより、連携がよくなればもっと強くなれるという期待もある。
でも、それはいつになるんだ?チームが出来上がったころには4位以内が手の届かないところにありました、では悲しすぎる。

この試合だって、カターレはガイナーレより内容がよかったにせよ、かなりツメが甘かったと思う。
しかし、そこを追いつけなかったガイナーレ。勝ちきったカターレ。
順位的に負けられないという気迫が勢いにつながったのかもしれない。
悔しいけど、地力の差を感じた。
そして、ホームの大声援が確実に選手を後押ししてたと思う。この日は約5,800人。ここのスタジアムはかなりでかいと思うけど、会場全体で応援してるという雰囲気がある。
メガホン効果なのか手拍子がよく響いている。
JFLでここまでアウェイを感じることはそうないと思う。

そう思うとホームでは絶対に勝ってほしい!!
たしかにアウェイでも勝ってほしいけど、ホームでこんな試合を見せられたら観客動員も減ってしまうだろうし。
自分はホームにほとんど行けずなにもできないけども、アウェイでもガイナーレを応援している人達がいるんだぞ、と少しでも選手達の励みになれれば嬉しい。

今回はやるせない試合になってしまった分、いつも以上に意味のわからない文章になってしまいました。。
でも、鳥取県、ガイナーレに関わる人達の顔を見て、J参入が悲願であることを改めて強く感じました!
これから試合に勝っていけば、負けは取り返していけるはずです。
次節、東山は晴天下で応援に来られた方々の心をつかむような試合が行われることを願うばかりです!

|

« JFL第6節(vsHONDA FC・H) | トップページ | 富山市でどう過ごすか? »

ガイナーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012475/20437687

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第7節(vsカターレ富山・A):

» メッシュメデア¥5000/㎡ [春のキャンペーン ]
春の強風にも安心なメッシュメデアが激安キャンペーンです。便利なメッシュターポリンを活用してみましょう。 [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 17時09分

« JFL第6節(vsHONDA FC・H) | トップページ | 富山市でどう過ごすか? »